« "Africa" Leni Riefenstahl | Main | 北越TOBのこと »

August 27, 2006

夏はアルザス・ワイン

Alsace_syl_gewurz_riesling

 指導教官がフランス留学が長かったということで、夏になると、アルザスの白とか、プロヴァンスのロゼをけっこう飲みます。

 今年の夏は、アルザスのワインを飲み比べしてみました。アルザスを代表するブドウ種はもちろんリースリングですが、その王道だけでなくピノ・ブラン、ピノ・グリ、ゲヴェルツトラミネール、シルヴァネール。リースリングとピノ・グリはグラン・クリュだったけど、他はプルミエ・クリュ。

 ボトルはすべてドイツ的な「フルート型」。戦争があるたびにフランス、ドイツを行き来していた土地柄をあらわしています。日本で最も有名なアルザス出身者はアーセナル監督のアーセン・ベンゲルでしょう。ベンゲル監督もフランス人というよりドイツ人的な風貌です。

 グラン・クリュをおごったのはどちらもドメーヌがMarc Kreydenweissのもの。リースリングはほんと王道(Alsace Grand Cru Wiebelsberg Riesling 2002)。キンモクセイというか、柑橘系の香りというか爽やかでした。ビノ・グリは甘くてコクがあった。作り手のMarc Kreydenweissは赤ではアンリ・ジャイエに教えを請うたこともある人だという。

 個人的に好きだったのはゲヴェルツトラミネール。gewurzはスパイシーなという意味。つまりスパイシーなトラミネール(Traminer、元は北イタリア産の品種)。ライチ香が強いといわれていますが、マスカットのような香りもします。どことなくコリアンダーの香りもするあたりがgewurzなんでしょうかね。Les FolastriesはJosmeyer家のスタンダードワインシリーズ。決して高いワインではありませんが、暑かった日の夜、こんなのでも飲めば幸せです。

 ピノ・ブランとシルヴァネールはちょっと甘い感じが、イメージの中のアルザス・ワインという感じがしてよかったです。

|

« "Africa" Leni Riefenstahl | Main | 北越TOBのこと »

WINE」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/11625864

Listed below are links to weblogs that reference 夏はアルザス・ワイン:

» ワインで乾杯 [ステム - 新着情報]
ワインで乾杯!10年後のオリンピックが日本にやってきますように。 ベーコン ソ... [Read More]

Tracked on September 01, 2006 at 02:58 PM

« "Africa" Leni Riefenstahl | Main | 北越TOBのこと »