« 『精神現象学』読書日記#9 | Main | 雨降りだからPCでもメンテしよう »

August 08, 2006

伊野波のDF起用に思う

Ajista_0607

 反町監督が指揮を執るU―21日本代表がU―21中国代表との親善試合を2―0で勝ちました。しかし、このところの年代別日本代表を見ている中で、気になっていたことがまた行われていました。それは守備的ハーフのDF起用。

 これまでも阿部勇樹、青木剛がDFで起用されたことがありました。しかし、DFは云うまでもなく経験がものを言うポジション。最終目的がフル代表の強化ということであれば、本来、JリーグでDFのポジションで使われている選手を、DFとして起用すべきではないでしょうか。

 もし、引いて守ってくる相手を力でねじ伏せようということであれば、3バックでひとり余るという守備ではなく、2人のCBでなんとか守り抜くという形を、せめて親善試合なら試してほしいかった。

 昨日は反町監督の初戦ということもあり、負けられなかったのかもしれません。しかし、だからといって、貴重な海外での強化試合なのだから、その機会をムダに使ってほしくはなかったですね。もし負けたとしても「2人のサイドバックが高い位置をキープして、2人のCBとCMFのうちの1人で守りきるという形を志向していた」と説明すればいい。そうしたわかりやすい説明を行うのも監督の義務です。

 もちろんメディアへの取り上げられ方を考えれば、テレビ向けの20秒コメントが重視するのはわかるし、それ以上に結果だけがクローズアップされるのはわかります。

 しかし、もし仮に、結果を求めるあまりに、DFの強化枠が一人減ったり、あるいは本格的な強化につながらなかったりすれば本末転倒。個人的にはただでさえフル代表の強化にはあまりつながらないのではないかと思うオリンピック代表にはあまりリソースをかける意味は、ますますなくなるのではないでしょうか。アテネの五輪代表は、最初から最後までフル代表の敗者復活戦みたいな印象で「アテネ経由ドイツ行き」を果たしたのは駒野と茂庭だけという結果に終わりましたしね。

 それにしても、伊野波、よかったでしょ?実は、FC東京のPSMで初めて彼のプレーを見た時に、酷評してしまったんです。思い切りがない、前に進めるパスが出せないなどなど。でも、それはポジションをとるための「スモールスタート」というか慎重な出だしだったのではないかと思います。反省…。キャプテンは小学校6年以来だというけど、梶山、増嶋と共にチームを引っ張っていって欲しいと思います。

|

« 『精神現象学』読書日記#9 | Main | 雨降りだからPCでもメンテしよう »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/11332019

Listed below are links to weblogs that reference 伊野波のDF起用に思う:

« 『精神現象学』読書日記#9 | Main | 雨降りだからPCでもメンテしよう »