« 「随園別館」の冷やし中華 | Main | 『精神現象学』読書日記#6 »

June 17, 2006

W杯、これまでの寸評

 あまり触れられていないように思えるのが、オーストラリア 3-1 日本、スペイン 4-0 ウクライナ 、エクアドル 3-0 コスタリカ、アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロのように立て続けに得点を入れられるケースが目立つこと。同格、格下のチームは少しでも集中力を切らすと試合が決まってしまうように感じる。

9日 A ドイツ 4-2 コスタリカ(ミュンヘン)
ラーンの先制弾が印象的。無回転で揺れて落ちるミドル。1/4の得点がPK BOX外からのシュートというこの大会を象徴するようなミドルだった。

9日 A ポーランド 0-2 エクアドル(ゲルセンキルヘン)
エクアドルまさか勝つとは思わなかった。というか二連勝でトーナメント進出とは恐れ入ったが、もしかして、一番、決定力のあるチームはここじゃないのかな?

10日 B イングランド 1-0 パラグアイ(フランクフルト)
 とりあえず優勝候補だと思っているイングランドは無難なスタート。後半は流していた。

10日 B トリニダード・トバゴ 0-0 スウェーデン(ドルトムント)
 スウェーデンは日本と並んで最も決定力が劣るチームではないのか。

10日 C アルゼンチン 2-1 コートジボワール(ハンブルク)
 サビオラの2点目はコートジボワールにとって不運。アルゼンチンひょっとして今回はやるかも、と思わせる出だし。

11日 C セルビア・モンテネグロ 0-1 オランダ(ライプチヒ)
 暑い日で、オランダは後半、流した印象。ロッベン持ち過ぎだなと思ったら、案の定、チーム内からも批判の声があがった。オランダはまた、内紛…。

11日 D メキシコ 3-1 イラン (ニュルンベルク)
政治的な理由であまり親善試合も組めなかったというのがイランには影響したのだろうか。それにしても、ダエイを出しているというのは、チーム内に近代的合理性がないという証拠。申し訳ないけど、こうしたチームは負けるべき。

11日 D アンゴラ 0-1 ポルトガル(ケルン)
 ハイライトのみ。アンゴラのアクワ応援していたが。

12日 F オーストラリア 3-1 日本(カイザースラウテルン)
坪井の交代が全てだったのではないか。あそこで茂庭を使ってしまったことで、後半、疲れのみえた2トップを変えるタイミングが難しくなった。にしても、急に運動量が落ちたのは残念。

12日 E 米国 0-3 チェコ(ゲルセンキルヘン)
ハイライトのみ。ロシツキーのシュートは、これまでの今大会ベストゴール。まさかアメリカがんなにやられるとは思ってもみなかった。

12日 E イタリア 2-0 ガーナ(ハノーバー)
ピルロのシュートは好き。つか、クライフがオランダのマスコミに答えていたよう、いつになくイタリアが積極的だ。優勝候補の二番手だと思っている。イアキンタの得点でデル・ピエロは出番失うだろう。

13日 G 韓国 2-1 トーゴ(フランクフルト)
ハイライトのみ。韓国、初の自国以外での勝利。安はワールドカップになると決めるな。どっか、Jのチームは取りにいくべきだと思う。

13日 G フランス 0-0 スイス(シュツットガルト)
 ジダンが持つと、テンポが落ちる。というかアルゼンチンもリケルメが持つと落ちるんだけど、その分、リケルメが関わらない場面ではスピードが強調される戦いぶり。アンリはフィットしない。というか、アーセナル以外ではフィットしないのか。

13日 F ブラジル 1-0 クロアチア(ベルリン)
 これも余裕ある戦いぶりで無難なスタート。いざという時にはCB2人とCMF一人の3人で守ってしまうという守備の技術。

14日 H スペイン 4-0 ウクライナ(ライプチヒ)
 スペイン大勝だが、チーム全体としての意思は感じられない。ビジャはいいな。

14日 H チュニジア 2-2 サウジアラビア(ミュンヘン)
 ハイライトのみ。アラブダービー。特に印象なし。

14日 A ドイツ 1-0 ポーランド(ドルトムント)
 ハイライトのみ。ノイビルよく決めた。

15日 A エクアドル 3-0 コスタリカ(ハンブルク)
 エクアドルの決定力すごい。ラストパスの精度も。もしかしてベスト16であたるイングランド、苦戦するかも。もしかして、ドイツ相手に引き分けだと、一位抜け?86年大会のソ連並みのセンセーション。テノリオってカタールリーグにいるのか。

15日 B イングランド 2-0 トリニダード・トバゴ(ニュルンベルク)
 トリニダード・トバゴのヒスロップ、最後に力尽きる。ランパード、何本打っても入らない。逆にジェラードはドスンと最後に決めた。

15日 B スウェーデン 1-0 パラグアイ(ベルリン)
 ハイライトのみ。アルベックよくあの場面でユングベリが詰めているのを見えたなと思う。

16日 C アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ(ゲルセンキルヘン)
 アルゼンチンすごい。交代選手がどんどん点入れる。つか、2点目のカンビアッソのゴールは個人的にはこれまでのベストゴール。オランダ戦が楽しみ。

16日 C オランダ 2-1 コートジボワール(シュツットガルト)
 こんなに押込まれたオランダは80年代前半にあった選手総入れ替えの時以外、みたことない。コートジボアールすごい自力をみせながら敗退。惜しいチームだった。コートジボワールのB・コネはメッシと並ぶちびっ子の期待の星。ニースか…。

16日 D メキシコ 0-0 アンゴラ(ハノーバー)
 ハイライトのみ。ボルゲッティ出ないとメキシコは厳しいか。所属チームのないアンゴラのキーパー、Jどっか取らないかな。

|

« 「随園別館」の冷やし中華 | Main | 『精神現象学』読書日記#6 »

W杯」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/10565459

Listed below are links to weblogs that reference W杯、これまでの寸評:

« 「随園別館」の冷やし中華 | Main | 『精神現象学』読書日記#6 »