« 『法哲学講義』読書日記#19 | Main | 『法哲学講義』読書日記#20 »

May 27, 2006

「こうや」再開

Kouya_sara_wantan

「支那そば屋 こうや」新宿区三栄町8 3351-1756

 昨年、何回めかの火事で休業していた「こうや」ですが、4月に再開されたそうです。ということで、さっそく行ってみることに。

 昼時でしたが、奥行のある店内にもかかわらず、相変わらずの行列ができていました。まずはひと安心ということで、カウンターに座る。注文したのは、皿ワンタン。

 ぼくは「こうや」では、これが一番旨いと思います。豆板醤とワンタンとの相性が素晴らしく、いつもワンタンに豆板醤をちょこっと載せて、刺身のように喰ってます。

 一個丸ごと口に放り込めば、プリプリしている皮から熱いエビと鶏肉、それにニラ、シイタケなどで練り上げられたアンが飛び出してくる。アジアジとほおばりながら喰って、ビールで舌を冷やせばサイコーでしょ。

 皿ワンタンは700円のがフツーで、写真のはハーフサイズで350円。良心的なお値段です。

Kouya_ryanmen

 当日は暑かったので、涼麺に。

 普通、ラーメンのつけ麺は、スープが熱いが、ここの涼麺はスープが冷たいのが特徴。中華屋さんで出てくるフツーの冷やし中華とくらべると酸っぱさを抑えめにしている。

Kouya_restert

|

« 『法哲学講義』読書日記#19 | Main | 『法哲学講義』読書日記#20 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/10260642

Listed below are links to weblogs that reference 「こうや」再開:

« 『法哲学講義』読書日記#19 | Main | 『法哲学講義』読書日記#20 »