« 『法哲学講義』読書日記#13 | Main | ジーコの会見 »

May 14, 2006

休み明けの「中本」

Nakamoto_after_gw

 ある方にインスパイアされたわけですが、やっぱり、できるオトコは連休明けの眠った脳にガツンと大量のカプサイシンをとらないと、仕事にのっていけない。

 ということで、できれば休み明けの昼飯はこれです。

 オーダーはヒヤミの麺大盛り、定食のマーボ大盛り、スラ玉付き。

 そして勝手に制作するのはkind式赤そば+定食丼。

 健康のため、冷やし味噌(ヒヤミ)のスープは油少なめ(アブスク)にはしていますが、なかなか凶暴な顔をしているとは、やっぱり思います。

 ヒヤミの麺大盛り、定食のマーボ大盛り、スラ玉付きでつくるkind式赤そば+定食丼というのは、いまんところの完成系。

 今回は、マーボから豆腐を引き抜く作業を完璧にやらなかったため、kind式赤そばに豆腐が混ざってしまったのが残念。

 いつか、完璧なkind式赤そば+定食丼をお見せしたいと思います。

|

« 『法哲学講義』読書日記#13 | Main | ジーコの会見 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/10070939

Listed below are links to weblogs that reference 休み明けの「中本」:

« 『法哲学講義』読書日記#13 | Main | ジーコの会見 »