« 『法哲学講義』読書日記#15 | Main | 『法哲学講義』読書日記#16 »

May 19, 2006

「一億」のエビフライ

Ichioku_ebifly

「一億(いちおく)」 港区六本木4-4-5 3405-9891

 えー、ご存じ、六本木のグルメ界を代表する「一億」でありますが、最近、新しいランチメニューが加わりました。エビフライです。

 ちっちゃいながらもエビは3尾。白身のフライはオマケか。

 エビフライはあまり大きいと大味だし、小さいと衣ばかりでガックリだし、なかなか加減が難しいと思うのですが、このぐらいの大きさというのは、どうなんでしょ、なかなかありそうでないんじゃないでしょうか。

 実は、エビフライは積極的にオーダーしない料理のひとつなんですが、一億の新メニューに加わったんじゃ、頼まなくちゃということで喰ってみたところ、尻尾まで香ばしく、しかも、けっこう身も食感も楽しめる素晴らしい仕上がりでした。

 にしても、一番のお目当てはやっぱり、玄米なんすよね…。

 なんでも、ギュッギュとよく研いで一日以上水に漬け、しかもお塩をちょっと入れるという。すると、まるで新米のようにモチモチした玄米が炊きあがる。

 自宅で炊くとどうしても、パサパサになりがちなんですが、この方法だと、少しはモチモチ感が出て、さめても美味しくいただけます。

|

« 『法哲学講義』読書日記#15 | Main | 『法哲学講義』読書日記#16 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/10142906

Listed below are links to weblogs that reference 「一億」のエビフライ:

« 『法哲学講義』読書日記#15 | Main | 『法哲学講義』読書日記#16 »