« 『法哲学講義』読書日記#7 | Main | 『法哲学講義』読書日記#8 »

May 04, 2006

ブーレーズ、マーラー『復活』

Boulez_mahler_2

 期待半分、不安半分ながらも待っていたブーレーズによるマーラー『復活』がついに出ました。

 何が不安かというと、やっぱりマーラーの『復活』が好きと公言するのは、少しイタイんじゃないか、と思うわけです。最後の復活賛歌でいい気分になっちゃうというのは、少し恥ずかしい。でも、やっぱりバーンスタイン指揮で聴いた時には心が震えたわけです。

Bernstein_harusai

 で、バーンスタインで感動したのをブーレーズで笑われたというか、あんまりいい気になって聴いててもアカンよ、と云われたような気になったというのを以前、『春の祭典』で経験しているんですわ。バーンスタイン指揮によるストラヴィンスキーの『春の祭典』は、ジャケットも素晴らしかったけど、もちろん演奏にも感動したわけですよ。でも、ブーレーズはその前に変拍子をキッチリ再現しているハルサイを録音していて、ありゃ、バーンスタインのリズムに感動した自分はなんだったの…と思わせてくれたわけです。

 そんな思い込みが今回も粉砕されるんじゃないかと思っていたけど、それはなかった。確かにフィナーレはまったく恍惚してないけど、ホルンなんかかなり前に出していると思う。

 使ったスコアがキャプランによる新校訂版なのかどうかはわかりません。

|

« 『法哲学講義』読書日記#7 | Main | 『法哲学講義』読書日記#8 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9899749

Listed below are links to weblogs that reference ブーレーズ、マーラー『復活』:

« 『法哲学講義』読書日記#7 | Main | 『法哲学講義』読書日記#8 »