« 「栄来亭」の半チャーハン | Main | ドイツ代表の日本戦後のコメント »

May 31, 2006

まさか地元でドイツと引き分けるとは…

 ドイツの地元、レバークーゼンでの試合だったので、1-3あるいは0-3ぐらいの負けもあるかと思っていたが、後半途中までは2-0でリードする場面もあった。BBCのようにまさに「混乱したホスト国から得点を引き出した」わけで、忘れもしない2001年3月24日、サン・ドニでの「日本 0-5 フランス」という当時から、大きく前進していることがわかった。

 セットプレーからの失点は致し方ない。4年前はウクライナを高さで圧倒したドイツなのだから。

 高原は年代別の選手権では、いつも初戦に得点を入れてきたから、今度の大会でも期待したい。

 心配なのは加地。後にひかないことを祈る。

 あと、田中の代わりに招集された茂庭には頑張ってもらいたい。

|

« 「栄来亭」の半チャーハン | Main | ドイツ代表の日本戦後のコメント »

W杯」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/10322523

Listed below are links to weblogs that reference まさか地元でドイツと引き分けるとは…:

» 高原が2得点。サッカー・日本対ドイツ、2対2の引き分け [情報ブログ]
後半に高原直泰が2ゴールを決め、ドイツと2―2で引き分けました。 ゲームの展開的には、勝てそうな試合だったので、勝って欲... [Read More]

Tracked on May 31, 2006 at 12:43 PM

« 「栄来亭」の半チャーハン | Main | ドイツ代表の日本戦後のコメント »