« 『法哲学講義』読書日記#17 | Main | 『法哲学講義』読書日記#18 »

May 21, 2006

「秋葉屋市場食堂」の牛ほそ切丼

Akibaya_gyuhosogiridon_1

「秋葉屋市場食堂」 横浜市神奈川区山内町1番地 横浜市中央卸売市場内 441-1919

 ワールドカップ合宿の時の食事をどうするか問題での威力偵察第二弾はやはり横浜市場の秋葉屋市場食堂。

 こちらで「日曜日は午前11時30分から開店となっていますが、店員さんによるといつも9時くらいから開きはじめるそうですので、多少早めに行っても大丈夫そうですよ」と書いてあり、実際に聞いてみると「9時半ぐらいなら確実にメシが炊きあがってるよ」とのことでした。

 ということで神奈川公園から市場に向かっての大通りを進む。前回、紹介させていただいた「もみじや」さんは水産部だが、「秋葉屋市場食堂」さんは野菜部。ということで向かって左へ。橋を渡ると、「休日ですが営業しています」というイルミネーション。やはり休日は結構、一般客を相手にしているのだろう。

 ということで、さっそくビールww。

 ビールは自分で抜栓するシステムというか、栓抜きがイスふたつごとに一個、ぶら下がっていますww

Akibaya_nasu_nagaimo

 おつまみはナスの漬け物、スパゲッティサラダ、長芋の千切。すべて200円。特にナスの漬け物がよかった。さわやか。

 ふたりで行ったので、頼んだのは二種類。ステーキ定食、うに丼。なぜステーキ定食をオーダーしたのかというと、早朝からステーキというのを一度やってみたかったからww。

 えー、肉のお味は乳用種っぽいといいますか、でも、十分、肉を喰ったという満足感は得られます。

Akibaya_stake

 うに丼はお勧めですね。なにせうに100g!しかも、質は「もみじや」さんのおまかせ定食についてくるものよりもイイ。ご飯は小盛(250g)。

 お値段はあわせて3200円でした。満足。

 ということで夕食も「秋葉屋市場食堂」に。

Akibaya_unidon

 おすすめメニューで確かめたかった「牛ほそ切丼」にチャレンジ。

 これは傑作メニューでしょ。青椒肉絲に片栗粉でトロミをつけ、卵黄をトッピングすれば美しいお姿。ご飯の量は中盛(450g)。

 とにかく、大正解。24時間やっているし、これでワールドカップ期間中の合宿のメシの問題は解決!

|

« 『法哲学講義』読書日記#17 | Main | 『法哲学講義』読書日記#18 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

おお! これは旨そうな写真ですねえ。ジュル(よだれ)

Posted by: 千歳 | May 22, 2006 at 10:37 PM

恐縮でございます!
いやー、だけど、市場食堂はどこでもサイコーです

Posted by: pata | May 22, 2006 at 11:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/10174124

Listed below are links to weblogs that reference 「秋葉屋市場食堂」の牛ほそ切丼:

« 『法哲学講義』読書日記#17 | Main | 『法哲学講義』読書日記#18 »