« 『法哲学講義』読書日記#18 | Main | 『法哲学講義』読書日記#19 »

May 23, 2006

「カフェ トロワグロ」の5月のランチコース

Troigros_may_1

「カフェ トロワグロ」小田急百貨店新宿店ハルクB2F 3342-1111

 そういえば忙しくって「カフェ トロワグロ」の5月のランチコースをいただいていないと気づき、さっそくオーダー。一時よりも並ぶ時間は少なくなったが、相変わらず、15分~30分待ちの状態。

 一番目の皿は、「アボガド豆腐のディップとカツオのカルパッチョ」。

 最初はディップにつけずにカツオのカルパッチョをいただく。

 サイコー。

 オリーブオイルベースのシンプルなソースにたまらなくパンチがある。「これにディップをつけたらヤバいんじゃないか…」とあせる心を落ち着かせながら盛って、ひと口。

 フツー。

 うーん、最初の衝撃があまりにも大きかったので、フツーに感じてしまった。けど、趣向を変えるのにはいいかも。

Troigros_may_2_1

 ということで、スープはニンジンのクリームスープ。色が鮮やかで、一瞬、カボチャのスープと見間違えるほど。でも、カボチャほど甘くなく、上品。みじん切りにしたニンジンの歯ごたえが素晴らしい。柔らかすぎず、固すぎず。当然、パンで皿はぬぐいます。

 メインはチキンとベーコンのガーデンスタイル。

 うーん、これはフツーかも。ベーコンが脂肪のまったくないタイプというか、ビーフジャーキーのような食感なのが珍しかったかな。よくわからないオクラ(?)に似た野菜のカットは楽しかった。もしかして、トロワグロのランチはサカナ系がいいのかもしれない…。

Troigros_may_3

|

« 『法哲学講義』読書日記#18 | Main | 『法哲学講義』読書日記#19 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/10207116

Listed below are links to weblogs that reference 「カフェ トロワグロ」の5月のランチコース:

« 『法哲学講義』読書日記#18 | Main | 『法哲学講義』読書日記#19 »