« 『法哲学講義』読書日記#2 | Main | 『法哲学講義』読書日記#3 »

April 24, 2006

「ShiNaChiKu亭」の春キャベツ

Shinachikutei_cabbage

「ShiNaChiKu亭」 横浜市神奈川区反町2-15-14ヒルトップ反町1F 045-316-6315

 ShiNaChiKu亭はやっぱり塩味。透明なスープの上品さは、なかなか出せない。近くにあるもので、けっこう利用させてもらっている。

 近くにあるラーメン屋さんが、例えば家系や次郎であった場合、かなり根性が要求されるというか、ダイエットに気を相当、配らないとキチンとしたお付き合いを長く続けることは難しいと思うが、「ShiNaChiKu亭」ならば、なんとか自然体でやっていけるのではないだろうか。

 そんなヘルシーさをさらに強調するトッピングがこの季節には用意されている。

 そう、春キャベツを炒めたトッピング。150円。醤油味には載せないというこだわりをみせる。

 実は、この店、スープが不出来ということで、けっこう休んだりする。これまでも2回経験があった。こだわるのもいいけどな…などと考えていると、いつのまにか春キャベツをトッピングした塩の特味大盛りがなくなっているという旨さ。

|

« 『法哲学講義』読書日記#2 | Main | 『法哲学講義』読書日記#3 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

ShiNaChiKu亭、私も好きです。
「塩の特味大盛り」がなくなったとありますが、
普通盛りの特味はあるのでしょうか?

Posted by: 里香 | April 25, 2006 at 01:23 AM

いや、単に、食べてなくなった、ということでしてwwすんません、わかりにくかったですね。ちょっと書き直します。

Posted by: pata | April 25, 2006 at 07:56 AM

あああ、ごめんなさい。私の読解力が足りませんでした。
でも「特味・塩」が消えてなくってほっとしました~(^・^)。
キャベツ良さそうですね。
pataさんの写真はいつもとても美味しそうなので
そそられちゃいます!

Posted by: 里香 | April 25, 2006 at 03:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9748577

Listed below are links to weblogs that reference 「ShiNaChiKu亭」の春キャベツ:

« 『法哲学講義』読書日記#2 | Main | 『法哲学講義』読書日記#3 »