« 『法哲学講義』読書日記#1 | Main | 『法哲学講義』読書日記#2 »

April 23, 2006

「筑紫楼」のふかひれの姿煮

Chikushiro_fukahire_sugatani1

「筑紫楼 恵比寿店」 渋谷区恵比寿南1-10-2 3760-0016

 恵比寿の筑紫楼には複雑な想いがある。評価が揺れているというか。旨いモノは本当に旨い。でも、ダメな時もある。安定しているのは杏仁豆腐だけ、みたいな。

 いつぞや喰った「ふかひれの刺身」なんかは、サイコーの珍味じゃないかと思ったけど、ある時には「うーん」という出来。

 とはいっても、まあ、あの値段で喰わしてもらっているのだから、あまり文句はいえない。

 恵比寿店がリニューアルして1周年ということで「ふか尽くし」をいただいたことがあったが、「ふかひれと伊勢海老の茶巾包み蒸し」「魚唇と春竹の香り炒め」は出来が良かったけど、「ふかひれ三種前菜」はイマイチだったかな、と思ったりした。魚唇ってふかの唇らしいけど、「魚唇入り雲南風くずしマーボウトウフ」も含めて食感が面白かった。コラーゲンたっぷり。

 ふかひれの姿煮は「ちょっと温度が低いんじゃない…」と思ったけど、基本的には「もう、なんもいらわ」と思わせる。

 写真はふかひれの使用前、使用後。

Chikushiro_fukahire_sugatani2

  姿煮は たゆたってる感じがいいと思います。

|

« 『法哲学講義』読書日記#1 | Main | 『法哲学講義』読書日記#2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9727494

Listed below are links to weblogs that reference 「筑紫楼」のふかひれの姿煮:

« 『法哲学講義』読書日記#1 | Main | 『法哲学講義』読書日記#2 »