« 『中古カメラの逆襲』 | Main | 「中本」の大盛り野菜 »

April 12, 2006

「竹やぶ」の天せいろ

Takeyabu_tenseiro

「六本木 竹やぶ」六本木ヒルズレジデンスB 2F 5786-7500

 六本木で蕎麦となると、いつもは「本むら庵」。懐かしのというか、子どもの頃から慣れた味を喰いたくなったら「藪」。喉ごしのいい蕎麦をかっ込みたくなったら「更級堀井」というローテーションで廻してきた。

 しかし!「竹やぶ」があったのだ。そういえば六本木ヒルズに進出していたんですなぁ。

 ということで行ってきましたよ。でも初回ということで、まずは偵察っつうか様子見。でも、満足。時々「喉ごしのいい田舎蕎麦」っつうか香りの高い蕎麦を喰いたくなったら、来てしまうだろうな、という予感。

 頼んだのは天せいろ。

 つゆは写真上の銅のちょろりみたいな急須に入って出てくる。けっこう熱い。天種も揚げたて。

 そしてメインの蕎麦は有名な太めで艶のあるお姿。一応、つゆ無しで喰ってみると、香りはたっているし、蕎麦の甘味が感じられる。黒姫高原にある竹やぶ専用の蕎麦畑から獲れた粉を石臼で挽いているという。

 つゆも大好きな濃く辛いタイプ。

 まあ、高いのが玉に瑕だけど…。これぐらい高いなら夜は8000円のコースを予約していき、酒を堪能した方が安上がりかもしれない。でも、鄙願(ひがん)とか一合1500円もするしな…。悩むところかも。

|

« 『中古カメラの逆襲』 | Main | 「中本」の大盛り野菜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

「竹やぶ」、恵比寿にもあったのですが(日仏会館斜向い)そこを閉めて六本木に出店していたのですね。
私の記憶の中ではそばがきが美味しかったです。口の中に残るそば粉の味をはじめて楽しめました。

Posted by: PINA | April 13, 2006 at 12:24 PM

おお、PINAさんもファンでしたか!
なんか連チャンしそうで怖いです。別モンの旨さを感じます。
いつか、ご一緒に!

Posted by: pata | April 13, 2006 at 01:41 PM

昼は何度か、夜は2、3回お客さんと行ったくらいです。たまに若い男の子なんか入ってきましたが、そういう層には不向きの、お上品なボリュームですよねw。卵焼きもおいしかったなー、と記憶しております。天ぷらだけ頼んで日本酒でやってる方もお見受けしましたね。
まぁ日本酒まで行くと自分ではとてもじゃないけど払えないですw。
六本木はお店のしつらえが違いそうですねー。
またンまいものご一緒しましょう!

Posted by: PINA | April 13, 2006 at 02:22 PM

うぃーす!

Posted by: pata | April 13, 2006 at 04:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9557280

Listed below are links to weblogs that reference 「竹やぶ」の天せいろ:

« 『中古カメラの逆襲』 | Main | 「中本」の大盛り野菜 »