« 『ロゴス・エートス・パトス』 | Main | 『昭和の墓碑銘』新潮新書 »

April 03, 2006

「とり焼 宮川」

Miyakawa_shio

「とり焼 宮川」 中央区八重洲 3271-8136 or 1937

 JR各社がまだ東京駅にあった頃、よく連れていってもらった店。基本的には焼き鳥屋さん。ただ、ハンパじゃなく旨い。

 いまは、寝台車の旅なんかに出る時、夕飯代りに、ここで飲む。

 お通しは、しっかり盛られて、種類も揃ったお新香。それに大根おろしにうずらの生卵をかけたヤツがふたつ出てくる。

 基本的には焼きモノしかなく、紀州備長炭でしっかり焼き上げるので、時間がかかる。だから、お通しは多めにということなのかもしれない。しかも、大根おろしで消化もバッチリ。考えられています。

Miyakawa_tare

 八重洲は榮一、伊勢廣など焼き鳥の旨い店が軒を並べる。榮一、伊勢廣がやや高級方向にベクトルを向けているのに対し、「宮川」は昔のまんま路線。

 塩で焼いた肉は、ほっこりしていて中もジューシー。野菜の焼き具合もサイコー。

 タレで焼いてもらったレバは、見ているだけでうっとりする。大好き。ということで、いつもかなり飲み過ぎてしまい、けっこういい払いになってしまうのが玉に瑕。

|

« 『ロゴス・エートス・パトス』 | Main | 『昭和の墓碑銘』新潮新書 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9408133

Listed below are links to weblogs that reference 「とり焼 宮川」:

« 『ロゴス・エートス・パトス』 | Main | 『昭和の墓碑銘』新潮新書 »