« 「中本」の大盛り野菜 | Main | The World Atlas of Wine »

April 16, 2006

"America at the Crossroads"

America_at_the_crossroads

"America at the Crossroads: Democracy, Power, And the Neoconservative Legacy" Francis Fukuyama, Yale University Press

 『歴史の終わり』のフランシス・フクヤマがPost September 11のアメリカの外交政策について、特に同盟関係にあると思われたNeoconsに対して批判を加えたというので読んでみることに。

 フクヤマによると、アメリカにはネオコン(neoconservatives)を含めて4つの外交政策の流れがあるという。それはキッシンジャーの伝統を受け継ぐ現実主義者(realists)、リベラルな国際主義者(Internationalist)、好戦的な米国ナショナリスト(Jacksonian)だという。そしてフクヤマは「現実的なウィルソン主義」こそがよりよい選択ではないかと提言する。

 アメリカの価値観を積極的に世界中に広めようとするbenevolent hegemonyに基づいた思考が必要だという。

Francis_fukuyama

 まあ、ふーん、みたいな感じですかね。

 関係ないですが、口絵のこの写真を見て、マミヤ67が欲しくなった。

|

« 「中本」の大盛り野菜 | Main | The World Atlas of Wine »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9616236

Listed below are links to weblogs that reference "America at the Crossroads":

« 「中本」の大盛り野菜 | Main | The World Atlas of Wine »