« 「千疋屋」のフルーツサンド | Main | 『体の贈り物』 »

March 21, 2006

WBC

catch_ball

 スポーツで偉大なチームとはいつも偉大なのではなく、偉大であるべき時に偉大な結果を残すチームだと看破したのは誰だったか。

 もちろん今日の勝利は王ジャパンの勝利だけど、同時にすべての自分の息子とキャッチボールで遊んだお父さん、そして小中学生の子どもに野球の基本を教えてくれた草野球の指導者たちの勝利だと思う。基本に忠実に。その大切さを日本中の空き地や校庭で教えられた選手たちが世界一になったんだし。

 王ジャパンの展開するスモールベースボールは本当に魅力的だった。内野手はみんな二遊間の選手のような身のこなしをしてるし、全員、足が速い。外野手はみんな肩が強い。そして知性。ぼくはこのチームに自分のアイデンティティーを重ねられる。

 原型は長嶋監督が率いたアテネ五輪のアジア地区予選だと思う。内野手のうち、ショート、二塁、サードを全部ショートのうまい順番に並べて、ファーストは本来サードで、しかもゴールデングラブの小笠原をもってきた。これだと、内野はまず抜けない。誰も考えもつかなかったドリームチームだった。とにかく長嶋ジャパンの内野の守備位置の深さは凄かった。深く守ってるから、内野手の頭上や間を抜けるヒットなんか出ない。バッターのヤル気をなくさせる守備陣だった。

 今回のチームは、それと比べるとちょっと落ちる感じが最初はした。二岡は故障だし、松井稼頭央はメジャーで壁に当たっている。宮本も少し歳を重ねた。でも、川崎のショートっぷりはすごい。あんな元気で小気味いいショートは世界中にいない(決勝戦ではポロポロやってしまったけど)。決勝戦でのホームべースへのタッチは、日本人らしい細かなプレーの見本だった。メジャーでは「ショートは大男」というイメージがあって、松井も井口もショートをやらせてもらえないけど、やらせろよ、みたいな。もちろん西岡もセンセーショナルだった。

 そして全体にみられるフェア・プレー。

 だから不当なジャッジで負けても許せた(だいたい誤審とヘンな審判は大きな世界大会の華だし)。サッカーでいえばブラジルだって、最初のワールドカップのタイトルを獲るのは大変だったし、オランダなんかまだ獲ってない。でも、思い出すのはいつも、オランダかブラジルだ。

 そんなチームにひょっとして日本はなったのかもしれないと思う。それは日本野球が新しい価値観をBaseballに確立したということなのかもしれない。そういったチームをつくるという責務を野球に対して日本はひょっとし果たしたのかもしれないと思う。

 例えば、アメリカ戦。7回裏1アウト2塁の場面でロッテの藤田と藪田がグリフィーをライトフライ、ロドリゲスを三振にうちとって切り抜けた場面には驚愕した。こんなパフォーマンスは、サッカーも含めて日本の他のどんなメジャーな団体球技でも、見られなかったことだと思う。

 もっと、云わせてもらえれば、もうこの時点で日本の野球は世界一で、アメリカを圧倒していたと思う。サッカーでいえば74年のオランダや82年のブラジルとまではいわないまでも、少なくとも普通のワールドカップ優勝国ぐらいのレベルというか、そういった評価をされるまでに日本野球はいっていたと思う。

 韓国にまさかの負けを喫したというのも、いつも予選リーグでモタモタしながら決勝トーナメントに進出するワールドカップのイタリアみたいだ。

 そして決勝トーナメントに入ってからの快進撃。準決勝の韓国戦でいえば上原のピッチング。初回、相手のクリーンアップを高めの直球で空振りの三振にとった。日本も韓国も内野、外野は足が速い選手を揃えているから、みんな守備位置が深い。だからピッチャーはみんな低めに投げる。そうなると間を抜けるヒットはそうは出ず、ましてや連打は期待薄。そんな中で高めのボール球も使ってきた上原のピッチングに、韓国の打者はストライクゾーンの上下をワイドにみなければならくなっていったと思う。このコントロールは世界一だった。

 目立たないかもしれないけど松中はよくやったと思う。重圧のかかる4番にふさわしかった。

 それにしても、正直、これほど盛り上がるとは思わなかった。

まったくまとまってないけど、とにかく嬉しい。

|

« 「千疋屋」のフルーツサンド | Main | 『体の贈り物』 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9190363

Listed below are links to weblogs that reference WBC:

« 「千疋屋」のフルーツサンド | Main | 『体の贈り物』 »