« 『福音書のラテン語テキストを読む』 | Main | ワンセグ機P901iTV »

March 02, 2006

「ティヌーン」のデラトム

tinoon_tomyanramen

「ティヌーン溜池山王店」 港区赤坂2-10-6 5549-4870

 あまりチェーン店は積極的には取り上げないのだが、この時期になるとけっこう使うので「ティーヌン」をご紹介。

 なぜ、この時期かというと花粉の季節だから。花粉症でたまったイライラ、モヤモヤ、不快感を激辛メニューでしばし忘れたい。そんな場合に使うことが多い。

もちろんカレーであったり、中本であったり様々なお店がそうしたニーズに応えてくれるわけだが、その中のバリエーションとしてタイ料理というのは貴重だと思う。バジルや香菜などのフレッシュな香りや、トムヤンクンの酸っぱさの混じったシャープな辛さは他の料理ではなかなか味わえないから。確かにドーンとくる辛さではない。でも、切れがある、みたいな。

 いつも頼むのはトムヤンクンラーメンの全部盛り。名付けて「デラトム」。デラックス・トムヤンクン・ラーメンのことらしいのだが、アジア的なやや寂しいデラックス感が漂う出来となってる。特筆すべきは、卵の半熟具合。そんじょそこらのラーメン専門店なら裸足で逃げ出す。

 辛いプリッキーヌがドバドバ入るようナンプラーをかけまくり、唐辛子も大量投下すれば完璧。

|

« 『福音書のラテン語テキストを読む』 | Main | ワンセグ機P901iTV »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/8909044

Listed below are links to weblogs that reference 「ティヌーン」のデラトム:

« 『福音書のラテン語テキストを読む』 | Main | ワンセグ機P901iTV »