« 『現代ドイツ 統一後の知的軌跡』 | Main | 『福音書のラテン語テキストを読む』 »

March 01, 2006

「メーヤウ村」の鶏肉かけご飯とビーフン

mae_yao_set

「タイ食堂 メーヤウ村」 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-5-8 四谷明和ビル2F 03-5368-6960

 いまんところ、喰いもの屋さんのマイブームは寿司なら「しみづ」、フランス料理なら「カフェ・トロワグロ」、エスニックなら「タイ食堂 メーヤウ村」なので、近くに行けば、必ず立ち寄ってしまう。

 これはバイカパオとクイティアオナームのセット。ともにミニとはいうが、けっこう満足できる量。しかも800円という破格の安さ。

 バイカパオは鶏肉とバジルの唐辛子炒めをライスに載せたもの。早い話が鶏肉かけご飯。もちろんライスは長粒米。

 ナンプラーはもちろん、ナンプリック(唐辛子のナンプラー漬)なんかをどんどんかけて、味を調整しながら喰うのが楽しいし旨い。

 クイティアオナームは早い話がスープビーフン。こちらもも同様に味の調整作業が楽しい。

|

« 『現代ドイツ 統一後の知的軌跡』 | Main | 『福音書のラテン語テキストを読む』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/8893534

Listed below are links to weblogs that reference 「メーヤウ村」の鶏肉かけご飯とビーフン:

« 『現代ドイツ 統一後の知的軌跡』 | Main | 『福音書のラテン語テキストを読む』 »