« ワンセグ機P901iTV | Main | 「カフェ トロワグロ」の3月のランチコース »

March 04, 2006

『翻訳教室』

GT9300

『翻訳教室』柴田元幸、新書館

 敬愛する柴田元幸さんの学部における授業を起した本。

 ダイベック、ユアグロー、カーヴァー、ブローディガン、レベッカ・ブラウンなどの小説を学生たちに訳させ、それを元に修正を加えていくという過程が、丁寧に再現されている。

 途中で、村上春樹さんの『かえるくん、東京を救う』の英訳を逆に日本語に訳したり、それを訳したジェイ・ルービンを呼んで、どうしてこういう風に訳したのかを語ってもらったり(「しかたがないっていう日本語の表現にぴったりあう英語の表現ってないんですよね」「英語は動詞がものすごく強い。日本語は副詞プラス動詞を使うと強さが出るけど」)、"村上モード"に入ったと思ったら次には村上春樹本人を呼んできて翻訳について語らせたり(「なるべく原作者と会った方がいい」「小説を書くときにいちばん役にたった言葉はフィッツジェラルドの『人と違うことを語りたかったら人と違う言葉を使え』というもので、文章を志す人はほかの人とは違う言葉を探さないといけない」)、素晴らしい趣向も凝らされている。

 「英語と日本語は語順が逆なので、一文全体の雰囲気を匂わせる言葉を冒頭に持ってくる」「なるべく語順通りに訳したらいい」「ただしエマソンも言ってるように、一貫性なんてのはチャチな人間の言うことだ」「HeやSheは5回でてきたら3回ぐらい彼、彼女と訳すぐらいでちょうどいい」「Andはしかし、Butはそしてと訳した方が自然になる場合もある」など英語の翻訳技術だけではなく、「Whenでつながっている時には物事が同時に起こっている」「日本語は罵倒語のバラエティーが乏しい」など言葉の本質につながるような話も聞ける。

 こうした授業を受ければ、学生さんたちも退屈はしないだろうな、と思う。

 あと、柴田さんは人気教授だからいろいろ忙しい。だから、学生さんたちがあらかじめ課題として出された原文を訳したテキストについてはTA(院生のティーチング・アシスタント)に添削してもらっているというのがよくわかった。まだ制度として確立されていないというか、単なる短い賃仕事みたいなというか、だいたい報酬が安すぎる感じはしているんだけど、TAの制度はもっと双方にとって有意義に活用されてもいいんじゃないかと思った。

 ということで、思わず、電子辞書も購入。機種はカシオのエクスワード XD-GT9300。

英語系なら最強とも云われているXD-H9200を前から欲しかったんだけど、もう2年前の機種なので、少しは速く動くだろうということで発売されてばかりのコレに。

 『翻訳教室』のまえがきで柴田元幸さんが「やはり辞書でもろもろの定義や例文を『読む』ことで言葉全体の『顔』を知っていただいた方が長い目で見れば有益だと考え、学生たちに対してそうしたのと同じように、読者のみなさんにみ、課題文をぼんと丸投げすめことにした」というところがあって、そうか、辞書を引くということは、言葉全体の「顔」を知ることなんだな、と納得したので、良い辞書が欲しくなったという。

 まあ、基本的にはリーダーズとリーダーズプラスが入っていれば十分だし、ODE(オックスフォード新英英辞典)なんかは完全にオーバースペック。柴田さんも英英はLongmanで十分だと書いていたのだが、その時は勢いで注文してしまったので…。

 価格.comで\37,460でした。

 後で、インプレ書きます。

|

« ワンセグ機P901iTV | Main | 「カフェ トロワグロ」の3月のランチコース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

英英では、開拓社の語学教育研究所版の英英辞典(初版1942年)が好きです。
わからない単語を実に平易な表現でパラフレーズしていて、英語を英語で理解する感覚を味わった(気になった)時には感動したものです。
例文がほとんどないので、初学者には良いけれど、実用には物足りないかもしれません。

Posted by: hisa | March 05, 2006 at 01:50 AM

hisaさん、コメントありがとうございました。
この本の中で、柴田さんが推薦している英英辞典の中ではCOBUILD English Dictionaryが気になっています。
gaspだったら"When you gasp, you take a short quick breath through your mouth, especially when you are surprised, shocked, or in pain"という「独特のわかりやすさ」があると書いてあって、どのバージョン買うかもうちょっと調べてから購入しようと思いました。

Posted by: pata | March 05, 2006 at 10:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/8935242

Listed below are links to weblogs that reference 『翻訳教室』:

« ワンセグ機P901iTV | Main | 「カフェ トロワグロ」の3月のランチコース »