« 「しみづ」の「このこ」 | Main | 「中華三原」の広東メン »

March 28, 2006

『僕の野球塾』

Kudo_baseball_scholl

『僕の野球塾 考える力こそ最強の武器』工藤公康、講談社

 素晴らしい本!

 野球に関する技術書というか、ピッチングに関する技術書はけっこう読んできたが、貧しい読書量であることを顧みず言わせてもらえば、これは小学校高学年から草野球までの全てのピッチャーに役立つ初めての本だと思う。

 スポーツの技術書というのは全く"肌感覚"のない人間には、どうやっても教えられるものはないと思うけど、それ以前に"肌感覚"がある人でさえも、まったくトンチンカンなことを書いているとしか思えないものや、自分にしかわからないような言葉でしか語っていないんじゃないかと思ったり、全体像が掴めなかったりするものが多いのだが、工藤選手の『僕の野球塾』は違う。

 もともと、ジャイアンツの公式サイトで連載してきた内容をまとめたものらしく、一気に書いて後半にヘバるような書き方もしていないし、工藤選手自身もずっとシーズンオフに続けている野球教室のおかげで「教える」ということもわかっているから、順序立てられているし、興味も持続されるし、体系的にまとまっている。

 工藤選手が人に「教える」ということを分かっているな、と思ったのは、この言葉。「この本を読んで考えて、子どもたちの心の中にひとつでもいいから、そんな『引き出し』が増えてくれたら、本当にうれしいです」(p.5)。まず「読んで考えて」という言い方。単に読むんじゃなくて、考えながら読まなければ得るものは少ないということは前提になっている。それは致し方ない、と。そして、自分にあった修正方法をいくつ「引き出し」として持っているかが、選手としての財産なのだ、という納得的な考え方。この"はじめに"を読んだだけで、この本はなかなかいいな、とレジに持っていったほど。

 工藤選手は立花コーチと一緒に、ニンゲンのカラダというのは、どういう風に動くメカニズムを持っているのか、ということを骨格や様々な筋肉の働きを考慮しつつ鍛えるみたいな科学的トレーニングを実践してきたと思うが、そういった裏付けがp.100-「股関節をもっと意識しよう」によく現れている。「両股関節と両肩の計四ヵ所の間接は、人間の数百個の間接の中で、それだけが臼(球)間接と呼ばれる特殊な形状になっています」とか、ここだけで説得力が違うのがわかりますでしょ? 股関節の可動域が狭いと、お尻は小さくなり、投げる際には重心が高く手投げになることが多い、という。

 p.118-「なぜ野球がつまらなくなるのか」もいい。子どもたちがなぜつまらなくなるかというと、それはうまく投げられないからだ、と。投げられないと捕ることもできないことが多い。そうなるとおもしろくなくなる、と。工藤選手は、小学生には絶対、大きなサイズのボールでは投げさせないようにしてほしい、と指導者たちに訴え、単に小学校六年生になったからC級からA級に一律に変えるのではなく、ひとりひとりの手の大きさにあったボールを使わせるべきだ、と力説する。「ボールは、握ることができなければ投げることもできません、いえ、投げてはいけないのです」(p.146)。ここらへんは、本当によく考えていると思う。

 ジッギングによる"積極的な疲労回復"を説明する際にも、球数を多く投げたピッチャーの手は血管が切れて、蓄積された老廃物は筋肉にとどまっていまうが、ジョギングをしていると、新しい毛細血管が伸びてきて、血液が流れて老廃物が取れる、という(p.167)。当たり前かもしれないけど、これも説得力のある書き方だ。

 僕は工藤選手のピッチングフォームは高校生の頃から好きだった。そして、今ではそのフォームがさらに洗練されてきて、惚れちゃうような美しさを持っていると思う。普通、43歳にもなれば体型も変わるし、同じようなフォームでは投げられないのだが、彼は昨年、MAX146km/hのボールを投げている。その秘密がわかったような気がした。

P.S.

『芸術人類学』中沢新一、みすず書房は書き下ろしかと思ったら、かき集めだったので、こっちの方を先に書きました…。

|

« 「しみづ」の「このこ」 | Main | 「中華三原」の広東メン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/9304357

Listed below are links to weblogs that reference 『僕の野球塾』:

» 読書の日々 [共通テーマ]
今日読んだ本、今日思い出した本。今日の一冊について、書いてください。 [Read More]

Tracked on April 08, 2006 at 05:14 PM

« 「しみづ」の「このこ」 | Main | 「中華三原」の広東メン »