« 『外交を喧嘩にした男』 | Main | 『ファルージャ 栄光なき戦闘』 »

January 27, 2006

中本、今んところの完成形

nakamoto_kansei_kei

 昨日は、サッカー関係の人たちと中本で喰った後、飲んだわけだが、ひとしきり、創作の世界に関して話題となった。続々と新メニューを開発する目黒店集合ということもあり、普通の固ゆで玉子、北極玉子に新しくラインアップされた味付半熟玉子の3種類のゆで卵を使った「中本玉子トリプレッタ」というのはすぐ思い浮かんだが、とりあえずは、一緒に行った方々にお見せできなかった今のところの完成形についてご報告したい(写真がちょっとボケているのだがお許しを)。

 オーダーは「冷やし味噌」をベースに麺は大盛り(必然的にスープも大となる)、定食のマーボ大盛り、それにスラ玉(スライスした普通のゆで卵)。

 まず、定食のご飯の上に、麺の上にトッピングされたもやしを移動。さらに、マーボの中から大きな豆腐の固まりもどんどんご飯の上に移す。さらにスープから肉を引き上げて、スラ玉を配置すれば定食丼の完成。お好みだが、ちょっとスラ玉に醤油をかけると味が調整されると思う。

 さて、残ったマーボだが、もちろん、これは麺に。後は一味を2杯。マーボは日の丸状にするのもよし、真ん中にストライプ状にかけるのもよし、カレーライス型にするのもよいとは思うが、まんべんなく麺とからめるのは、長年の研究の結果、真ん中ストライプがいいんではないかと思う。

 麺をヒヤミスープで喰い終ったら、最初は鯛茶漬けのように、引き上げた肉やモヤシのシャキシャキ感を味わい、その後、スープをかけて「二杯目の鯛茶漬け」のようにいただきたい。

|

« 『外交を喧嘩にした男』 | Main | 『ファルージャ 栄光なき戦闘』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/8358958

Listed below are links to weblogs that reference 中本、今んところの完成形:

« 『外交を喧嘩にした男』 | Main | 『ファルージャ 栄光なき戦闘』 »