« 『シーズン・チケット』 | Main | 『中世とは何か』 »

January 05, 2006

麺王「一風堂」

ipudoh_menoh

 昨日、お正月特番の「麺王 史上最大のラーメン王決定戦」をやっていた。インターネットによる人気投票でベスト100を選び、そのうちの上位4店の店主が500人の一般審査員と6人の特別審査員を相手に横浜・赤煉瓦を部隊にラーメンをつくりまくり、王者を決めるという、なんとも安直なつくりの番組だった。

 録画していた100位までのカウントは見ていたが、その後は不愉快になって見るのをやめた。だって、500人相手にラーメンつくっていたら、店主たちがいっていたように「あ"ー麺が伸びるぅー!!!」という状態になって、とてもじゃないが、ロクな評価なんかできない。しかも出す順番が後になればなるほど不利になるのは目に見えている。さらには、勝負は食材を指定した新作ラーメンで競わせるというのも疑問。この番組のプロデューサーは食に対する敬意が足りないのではないか(まあ、こうしたいい加減なやり方の方が、店主たちにとっては負けた時のダメージが少なくていいのかもしれないけど)。それと、最初のベスト100の集計でも、単純にプラスしていったら、首都圏の席数の多いラーメン屋が有利になりすぎる。席の数でかけ算するとか、都道府県別の人口比を考慮するなどのインデックスが必要なのではないか。

 まあ、そんな中で優勝したのは一風堂の河原成美さん。まあ、優勝にケチをつけるつもりはないので、お祝いに六本木店へ(チェーン店だし、いっぱいあるから店の場所は書きません)。

 ここのランチは小さなゆず胡椒で喰わせる焼き餃子を含めてランチがまとまっている。しかも、数年前と比べて麺は確実に旨くなっていると思う。博多の豚骨ラーメンの麺は、早くあげることだけが考えられていて、麺そのものではあまり楽しめないと思うが、最近の一風堂のは、かなりマシになってきた。歯でプツンとちぎれる感じにみずみずしさをおぼえるというか。にしても、あれだけ成功しているのにもかかわらず、精進はおこたらないのはさすが(写真は白丸ランチにゴハンを明太に変更したもの)。

 にしても…「中本」が50位前後というのは許せん!

|

« 『シーズン・チケット』 | Main | 『中世とは何か』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/8011898

Listed below are links to weblogs that reference 麺王「一風堂」:

» 麺王結果発表!! [イタバの小話]
12月27日に行われた「麺王」。全国の投票から2005年度のBEST100を選び、その中からBEST4が新作ラーメンを引っさげてNO.1「麺王」を決めるのだ。 -------------------------------------------------------------------------------- BEST4の新作ラーメンには、タラバガニ、..... [Read More]

Tracked on January 06, 2006 at 02:46 PM

« 『シーズン・チケット』 | Main | 『中世とは何か』 »