« 『中世の夢』 | Main | 「亀福」再び »

January 19, 2006

コニカ・ミノルタも撤退か

hexar_rf

 ニコンが銀塩カメラから撤退するなんていう生やさしい話ではなく、カメラとフイルムからも撤退するという。

 コニカはC35、ビッグ・ミニなどのコンパクト機だけでなく、ヘキサノンと名付けられたレンズも優秀だった。また、REICAマウントと互換性のあるHexer RFは名機で、ちゃんと新品で購入して随分、撮影した(最終的にはヤフオクに流したけど)。

 ミノルタもマニュアル機ではXDを持っていたし、自動焦点のαシリーズを大ヒットさせた、という金字塔はいつまでも残るだろう。「デジタル一眼レフカメラシステムについては一部資産をソニーに譲渡する」というが、ブランドとしては消えるわけだ(にしても、ソニーは「つかまされた感」がしないのだろうか…)。

 まあ、2006年3月期の連結最終損益が470億円の赤字となる見通しだというのであれば、しょうがないのかもしれないが、またしてもカメラメーカーが消えるのはなんとしても寂しい。

岩居文雄コニカミノルタホールディングス社長は19日、都内で会見し、カメラ・フォト事業の撤退について説明した。会見での一問一答は以下の通り。

――カメラ・フォト事業について、“縮小”はするが“全面撤退”はしないとしていた

 昨年11月4日にフォトイメージング事業を大幅縮小することを発表した時には、約3年かけて縮小としていこうと考えていた。ソフトランディングしたかった。しかし、事業の状況をみていくと、そう長くは続けられないということで、今回それを繰り上げて事業を終了することになった。


――いち早く撤退することのダメージは

 特にブランドへの影響は大きい。長い歴史があるので、「コニカミノルタはカメラと写真が看板事業」という(イメージが)今後も続くだろう。それを1日でも早く脱して、新しいコニカミノルタグループのブランドを再生しなければならない。厳しい状況だが、B2Bビジネスで新しい会社がこれから再生されるという気持ちでぶつかっていきたい。

|

« 『中世の夢』 | Main | 「亀福」再び »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

pataさんのレビューもあってDimage XGを1万6千円で購入して半年、ポケットや鞄に入れて持ち歩いてきました。画質は悪くないと思うし、作業進捗を記録する機材として使いこんできました。十分元は取れていると感じます。
ここでX1を在庫と値下がりを見据えつつ確保するか、kodakのV570を待ってみるか考えているところです。レビューされる機会があれば、と楽しみにしております。
家族が買ったNikon D70を見てやはり一眼…と揺れた気持ちは、もう少し抑えておくことにしました。

Posted by: hisa | January 20, 2006 at 08:11 AM

hisaさん、コメントありがとうございます。しかし、コンタックス(ヤシカ)、コニカ、ミノルタとどんどんカメラメーカーが看板を下ろしていますねぇ。老舗だとキヤノンとニコン、それと某サムスンにナニされるかもしれないP社ぐらいなんでしょうか?残るのは。あ、富士フイルムもあるか…。

それと、うーん、X1ですか…

わたしはアレを手にとったとき「ミノルタやばいんじゃないのか…」と思ったんです。でかいし、ノイズも相変わらず取り切れていない。といいつつ、ぼくも記念に買うかもしれませんがwその前の機種にするかもしれません

Posted by: pata | January 20, 2006 at 09:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/8234896

Listed below are links to weblogs that reference コニカ・ミノルタも撤退か:

« 『中世の夢』 | Main | 「亀福」再び »