« 『博士の愛した数式』 | Main | 『サッカーでメシが食えるか?〈2〉』 »

December 21, 2005

「台北」

taipei

「台北」 千代田区三崎町2-19-9 3222-7689

 台湾料理というのは、なんつうかハードボイルドな雰囲気を出すところが少なくないと思う。どこかなげやりというか、熱帯的というかジャングル的というか。

 ここ「台北」もごく普通な台湾の家庭料理店なんだけど、むき出しの天井、ちゃちなテーブルと椅子、お茶の入った安っぽい魔法瓶など、小物すべてが、行ったことはないけど、台北あたりの場末のあやしい店で喰ってる感をかもし出す。

 料理も油っこく、家庭料理っぽい。でも、旨い。これはイカと野菜の炒め物に、水餃子をつけた。定食は750円で、水餃子は500円。

 イカと野菜の炒め物はミソ味で、もうみたまんまの味。油っぽいのは気になるけど、最終的にはガバッとご飯の上にかけて、ソースも一緒にいただいてしまう。

 水餃子につけるタレはあらかじめ酢醤油にしたものが、各テーブルに乗っていて、それをぶっかけるという寸法。

 中華料理ではトマトと卵の組合せが、意外と旨いのだが、ここも「トマトと卵のスープ」がいい。

|

« 『博士の愛した数式』 | Main | 『サッカーでメシが食えるか?〈2〉』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/7742587

Listed below are links to weblogs that reference 「台北」:

« 『博士の愛した数式』 | Main | 『サッカーでメシが食えるか?〈2〉』 »