« ポリーニ『ショパン:夜想曲全集』 | Main | 「亀福」の懐石弁当 »

December 05, 2005

曖昧な言葉の罪悪

FC東京東京は原監督と契約延長をしない、ということを発表した。しかし、

 「クラブとして新しい風を送り込んだ方がいいと判断した」

 このコメントはないと思う。ハッキリと「最後まで優勝争いが出来なかったから解任した」というのなら納得する。しかし、そうコメントできないのは、強化担当の自分たちにも責任が及ぶからだ。

 プロ野球の監督経験者に聞いても、サッカーのクラブの人に聞いても、ある程度のチームをまかされたら優勝争いする、というのが留任の条件になるらしい。もちろん優勝できるかどうかは、最終的には運になるけど、最後まで争うことが大事。それはすごく納得的。

 だから「就任4年目で優勝争いが出来なかったから更迭」と言えばいい。言えないのは、そうハッキリ言うと、自分たち強化担当にも火の粉が降りかかるからだ。

 阿部ちゃんを大分にレンタルで出したのに、換えのきかないワントップのルーカスがケガをした時の用意していなかったフロントの責任はどうとるのか。ササを獲ってきたけど遅きにしっした。なぜ、こんな誰にでも分かる危険をあらかじめ予知できなかったのか。

 まあ、監督というのは理不尽な職業で、解任されるのが商売みたいなところはあるが、浦和の時もそうだし、FC東京でも、満足な補強もさせてもらえなかったシーズンに解任というのは、ヒロミがかわいそうすぎる。つか、人がいいから、クラブの財政事情もわかっているから主張できなかったんだと思う。それは、もしかしてヒロミの限界というか弱点なのかもしれないけど、それを全体としてカバーしていく体制がフロントになければ、優勝争いなんてどだい無理でしょ。

 次はせめて、グラウが売りに出されたら、すぐに獲りに行くようなクラブの監督に就任してほしい。そして、優勝争いの場面で、ヒロミがどんな手を打つか。そんなことを楽しみに待てる日が早く来ることを願う。

[追記]

 今ちゃんはいい子だ…「MF今野は『苦しいときにも選手のせいにはしなかったし、もっと一緒にやりたかった」と残念がった』」

 ヒロミも偉いのぉ…「あの苦しい時期に、クラブもいろんな判断はあったんでしょうけど僕に任せてくれて、それがやっぱり結果的に今いい方向に来たということ、そこまで信じてもらえたことが、本当にうれしいんです」

|

« ポリーニ『ショパン:夜想曲全集』 | Main | 「亀福」の懐石弁当 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/7472975

Listed below are links to weblogs that reference 曖昧な言葉の罪悪:

« ポリーニ『ショパン:夜想曲全集』 | Main | 「亀福」の懐石弁当 »