« 『サッカーでメシが食えるか?〈2〉』 | Main | 『アバドからラトルへの道』 »

December 23, 2005

「たき下」礼賛

takishita_zousui


「たき下」港区麻布十番2-1-11 5418-4701

 付き出しから始まり、お吸い物、おさしみ、おしのぎ、炭火焼、煮物、ごはんと続くコースは東京で最もコストパフォーマンスの高いコース料理だと思う。だいたい、丸鍋がこの値段で出てくるお店ってないでしょ。しかも、小ぶりながらキチンとした丸鍋だもん。ちょっとお刺身が…という気もするけど、文句をいったらバチがあたる。

 だから、ついつい、飲み過ぎて、小肴の衣かつぎ小芋、小あじ骨せんなんかもどんどん頼んでしまう。

干し貝柱でスープを出した雑炊なんか、本当に「おしのぎ」って感じで好きです。
takishita_kuromutsu

 もちろん、ランチの定番「黒むつの柚子焼き」はいつもサイコー。

|

« 『サッカーでメシが食えるか?〈2〉』 | Main | 『アバドからラトルへの道』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/7789812

Listed below are links to weblogs that reference 「たき下」礼賛:

« 『サッカーでメシが食えるか?〈2〉』 | Main | 『アバドからラトルへの道』 »