« 「更級堀井」の鴨南 | Main | さらに「しみづ」探求 »

November 26, 2005

追悼  George the Best

 左右どちらの足でもゴールすることができた

 ヘディングも良かったし、いざという時にはタックルもできた

 当時のサカマガのモノクロ写真でみたかなんだかの記憶なんだけど、一番、忘れられないのは、一人でボールをキープしまくって、相手DFをからかって、ユニフォームを試合途中で脱いで、闘牛士のようにヒラヒラさせて「こいよ! 」とやっている場面。今じゃ、ありえないというか、とにかく、図抜けた存在だった

 1946年5月生まれという、オヤジさんが対独戦争を終えて、すかさずつくったみたいなベビーブーマーの典型でもあったような気がする

 Johnny Giles のこのコメントが一番、言えているかもしれない。

 "the most naturally gifted player I have ever seen"

 若い頃から浴びるほど酒を飲み続け、最終的には肝臓移植まで受けたけど、アル中が直らなかったというのも伝説

 最高の右ウィングに合掌

|

« 「更級堀井」の鴨南 | Main | さらに「しみづ」探求 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/7321695

Listed below are links to weblogs that reference 追悼  George the Best:

« 「更級堀井」の鴨南 | Main | さらに「しみづ」探求 »