« 『若き数学者のアメリカ』 | Main | 清和会研究『回顧九十年』福田赳夫#1 »

September 19, 2005

「伊勢廣」の五本丼

isehiro_5hondon_2

「伊勢廣」中央区京橋1-5-4 3281-5864

 何かイイことがあったときに食べにいく店のひとつ。普段は四本丼か、1時過ぎのサービスとなる三本丼をいただくが、イイことがあった時だけ五本丼にする。

 四本丼と五本丼の差は何か。それはレバが載っているかどうか。ワサビをのせたささみや、ネギを2本くるんだ皮に近い肉、普通の焼き鳥、そして軟骨というオールスターカルテットは変わらず。

 ただし、四本丼が隙間なく並べられているという印象に対して、五本丼はやや間口の広い丼が使われているためか、余裕がある感じ。

 お新香をつまみにしつつ、ややペースを抑えて飲んだ吉乃川なんかがあれば、もう気分は極楽ですな。丼のうえに乗っているなにか美味しいモノを肴に呑む、というのは、もうう、なんか不思議と気分がいいもんです。蕎麦屋さんで台抜きの天ぷら蕎麦頼んで、酒を呑むのに通じる快感というか、余裕というか。

 いつも悩むのは食べ始めの順番。その時によって、普通の焼き鳥か、レバからいく。でも、最後にいただくのは軟骨。コリコリした食感がホントたまりません。

|

« 『若き数学者のアメリカ』 | Main | 清和会研究『回顧九十年』福田赳夫#1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

「伊勢廣」の五本丼→明治屋近くの「カトレア」のロイヤルミルクティ、というのが、僕の平日の最も贅沢なランチタイムのひとつです。
仕事の日のランチなので、あたまを肴に吉乃川、って経験は、残念ながらないですが。
ただ、やっぱり1800円は少々高い。
ここのすぐそばの「栄一」の焼鳥丼は、量的には四本丼並みでお値段はその約2/3ですが、これもなかなかイケますよ(既にご存知でしょうか)。

「最後にいただくのは軟骨」ってのは、軟骨入りつくねのこと?

Posted by: pleo | September 19, 2005 at 02:41 AM

「栄一」の焼鳥丼、知らなかったです!

これでしょうか?
http://netafull.net/archives/007010.html

こんど行ってみます!

>「最後にいただくのは軟骨」ってのは、軟骨入りつくねのこと?

あ、そうです。失礼しました。そうか、骨入りつくねなんすよね…

Posted by: pata | September 19, 2005 at 07:19 AM

それです。ネタフルの人は別にタイミングが悪かったわけではなく、だいたいいつも出てくるまでに15-20分ぐらいかかりますので、そこは要注意です。
ただ、カウンターに座って職人さんの焼き作業を眺めてると、けっこう間が持ちます。

どちらのお店もそれぞれ、夜も素晴らしいと思います。

Posted by: pleo | September 19, 2005 at 01:50 PM

書き忘れました。
つくねはやっぱり「伊勢廣」のほうがかなり上かな。

Posted by: pleo | September 19, 2005 at 01:56 PM

ありがとうございました。
本もっていくことにします!

Posted by: pata | September 20, 2005 at 11:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/6007744

Listed below are links to weblogs that reference 「伊勢廣」の五本丼:

« 『若き数学者のアメリカ』 | Main | 清和会研究『回顧九十年』福田赳夫#1 »