« FC東京と『監督』 | Main | 清和会研究『岸信介証言録』#1 »

September 26, 2005

「箱根ビール蔵」でカマボコを

beer_kura_beer

「箱根ビール蔵」 神奈川県小田原市風祭245 0465-23-7373

 かまぼこで有名な鈴廣がつくった大規模アンテナショップ(?)。小田原からタクシーで1000円ぐらいのところに位置する。休日、鎌倉に寄ったついでに、ちょっと足を伸ばしてみた。

 ヨーロッパのビアホールを意識した(?)ような建物は、天井がやたら高いのがキモチいい。室内だけど、爽やかな空気が流れている、みたいな。

 お勧めの「ビールお試しセット」550円が最高。爽やかなピルス、甘く濃厚なエール、そしてこの日の「季節のビール」はエールタイプの「こゆるぎブラウン」。コクがたまりません。

beer_kura_surimi

 こんなのを「季節のすり身揚げ」580円をツマミに呑めば、もうね、細かな文句なんかつけちゃいけない。そりゃ確かにすり身です。でも、しっかり旨いし、新鮮だ。

 おでんはワゴンに乗ってやってくる。まっしろなコンニャク玉、薄い上品なダシが染みこんで、実に普通に旨かった。ハンペンもさすがのフワフワ感。ジャガイモもホックホクだ。

beer_kura_oen

 やっぱりここに来たら、ということで頼んだ焼きたての季節のチクワには枝豆が細かく練り込んであった。

 このためにわざわざ小田原に行くというまでにはなかなかならないだろうけど、近くに行ったら、ちょっと一息つくにはサイコーの場所でしょ。

 ちなみに、ここもさくまさんお勧めの店です。

|

« FC東京と『監督』 | Main | 清和会研究『岸信介証言録』#1 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

ご無沙汰です。
ねりもん。(僕としては、てんぷらですが・・・)
東京に来て感激した、おでんネタは、はんぺんです。
うまそーですね。うまいですよね。
さらに、じゃがいもが、むっちゃ、うまそうですね。煮崩れせず、原形をとどめながらホクホク感を維持しているとでもいうのでしょうか・・・
程好い固さと、粉ふきイモのやさしさを兼ね備えている感じが、たまらんです。

ちなみに、東京に来て、驚いたのは、ちくわぶでした。

Posted by: bard | September 28, 2005 at 12:27 AM

bardさん、お久しぶりです。

確かに、このオデンの写真、我ながら旨そうですwなんか浸かりまくった感じがしないというか、清冽な感じもするような。

うーん、季節がオデンを呼んでいるのかもしれません。

Posted by: pata | September 28, 2005 at 09:42 AM

季節がおでんを呼んでいるかぁ

そうですね。いい表現ですね。

そういえば、季節といえば、これからになりますけど、以前に神田まつやの件で、メールさせていただきましたが届きましたか。

ぜひ、お試しあれ。

Posted by: bard | September 30, 2005 at 04:09 AM

まつや…
すんません、なんでしたっけ…
本当にすんません!

Posted by: pata | September 30, 2005 at 09:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/6130147

Listed below are links to weblogs that reference 「箱根ビール蔵」でカマボコを:

« FC東京と『監督』 | Main | 清和会研究『岸信介証言録』#1 »