« GR Digital 一夜明けて | Main | GR Digital 予約しました »

September 14, 2005

GR Digital 発表会の模様

grd_press_meet4

 「もう少し詳しく書け」といわれましたんで、昨日の模様を書いてみます。

 まずは役員によるプレゼンから開始。「商品名については迷った。しかし、そのままGR Digitalでいくことにした」とのこと。リコーのデジカメの開発コンセプトは「空間的にも時間的にも撮影領域の拡大」。つまり、より画角はワイドに、シャッターのレリーズラグはより少なく、という方向。

 また、デジカメ市場については完全に成熟している、という認識で「05年度の販売台数は買い換え、買い増しが半数を占める」という。そうした中でリコーがGR Digitalのターゲットユーザーをプロファイルしてみると、コアとなるユーザーはプロ、ハイアマチュアそして「写りのいいデジカメを求めている層」だという。そうしたユーザーの期待に応えるに応えるということは、具体的には「A3サイズあるいは四つ切りに耐えられる画質をつくる」。そうした画質を引き出すために「5群6枚のレトロフォーカスタイプの高品質なレンズ」が必要だということでデシタルのGRレンズの開発を進めたという。しかし、どうしても大きくなってしまい、待機時に鏡胴にレンズがすべて入らなくなり、一部のレンズがボディ内に逃げるリトラクト構造にしたという。

 「イメージャー(CCD)に関してはインターネット上でいろいろ言われていることはわかったが、このサイズに納めるためには1/1.8しかない」との判断だったようだ。

 続いて長徳先生が会場後ろから登場(初めてご尊顔を拝したが、思ったらよりカラダがでかかった)。話し始めて早々「今日はブログのオフ会。登場している社員も『えみっふぃー』『ちっち』などの名札をつけています」と間違ったアナウンス。後に司会者によって「やっぱり恥ずかしくなり『えみっふぃー』『ちっち』などの名札はやめた」と訂正されることに(そりゃそーだろう、全国に晒されるもんな…)。

 それから森山大道さんがGR Digitalで撮るとのこと。また、長徳先生、ジ・アルフィーの坂崎さんなどと写真集も出すというw。「情報統制が厳しくて、実機にさわったのは1時間前」だというが、「これをポケットに入れて世界の果てまで行ってみたい」と思ったという。また、「銀塩のGR1の時、Nikon F5のグリップ感を実現するためにあれと同じゴム、シボでつくってほしいとお願いしたが、時間的にムリだった。それが今回のGR Digitalで実現されて感激している」とのこと。「これまではいくら機材はライカ一台に絞り込んでも、スーツケース一杯のフィルムを持って行かなければならなかった。しかし、これからはGR Digitalだけをもってカラ手で写真を撮りに行くのが流行るかもしれない」。

grd_press_meet5

 その後、質問タイム。

 もっと大きなCCDを積めなかったのかという質問に対する答えは「2/3、APS-Cも検討したが、(コンパクトなボディ)サイズにこだわった。1/1.8のイメージサークルにあわせるだけでもレンズがあれだけ大きくなってしまった。現状ではこれが限界」とのこと。また「(Sharp製の)GX8のCCDとは違うメーカーのCCDを使っている」という。

 連射スピードは「秒2.8コマで3枚」とのこと。また、ファインダーを外付けにしたのは「あのボディには高品質なファインダーはつけられず、それなら思い切って外付けに」という判断だったようだ。タッチ&トライの時間に説明員に「2万円台というのはちょっと高いですね」と聴いたら「ロットが見込めない」とのこと…。

 写真はタッチ&トライタイムと展示されていたラフ・スケッチ。制限時間3分の間でみんなさわりまくりw

|

« GR Digital 一夜明けて | Main | GR Digital 予約しました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/5938526

Listed below are links to weblogs that reference GR Digital 発表会の模様:

« GR Digital 一夜明けて | Main | GR Digital 予約しました »