« 『天才の栄光と挫折』 | Main | 『遙かなるケンブリッジ』 »

August 27, 2005

「仲の坂」を堪能

nakanosaka1

「仲の坂」 鎌倉市御成町11-37 0467-25-5227

 鎌倉駅前から歩いて1分の「仲の坂」。毎日、新鮮な地サカナを仕入れては出してくれる。今週は木曜日に台風が上陸したが、土曜日にはなんとか漁に出られるようになり、今日も旨いサカナが並んだ。横浜を10:22に出れば、10:48には鎌倉。前から好きだったけど、これからは、もっと使っていこうと思う。

 最初に出してくれたのは「ながらみ(だんべいきさご)」。直径3センチくらいの巻貝。塩茹でにして身を楊枝で引きずり出して食べる。やや固めの身に、ジャリつき感もあるキモ。でも不思議と止まらなくなる。写真のように出してくれるのが5つなので助かる(何が…)。

nakanosaka2

 おつくりは貝づくし。みる貝とサザエ。みる貝は先っちょの細いところは細かく切れ目を入れてくれて、元の太いところは縦割きにしてくれる。芸が細かい。つか、あまり縦割きって喰ったことないので食感を楽しむ。

nakanosaka3

 出ましたアジ!香り立つというか、良いアジは甘いし、香りも素晴らしい。そんなアジ。超新鮮!。
nakanosaka4

 その後のダルマイカもよかったけど、箸休めにもらった塩らっきょうが絶品!大きいのに繊細。これだけ食べても元気になる。ついでにお新香ももらうが、これもほどよく浅く漬かっている。ぬか漬けはやや固いのが好きなので、ちょうどいい。

 最後は白魚のかき揚げで締めました。あと、焼蛤、絶品の塩からも食べたっけ。これだけ食べて、例によって豪快に飲んでも1人1万円もいかない。素晴らしい…。
nakanosaka5

|

« 『天才の栄光と挫折』 | Main | 『遙かなるケンブリッジ』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。
鎌倉のある江戸前鮨の店で、隣席の客が活魚だったら仲の坂が一番だよと言っていたのを思い出しました。週末以外は静かな街なので、こういう店はありそうでなかなか見つからないのが鎌倉です。是非行ってみたいですね。
網野善彦や阿部謹也、そしてジーコジャパンの検索でたどり着き、Bookmarkしました。

Posted by: hisa | September 01, 2005 at 04:00 PM

はじめまして!ぼくはさくまあきらさんのHPで知って、虜になりましたです。

>網野善彦や阿部謹也、そしてジーコジャパンの検索でたどり着き、Bookmarkしました。

なんという嬉しいお言葉…これからも、時々読んでください。よろしくお願いします!

Posted by: pata | September 02, 2005 at 12:45 AM

それでしたら鎌倉長谷の「以ず美」がすばらしい店だと思います。

網野本を集中的に読んでいるのは、「日本」などの言葉、言説に伴うイメージを解体したいというところにありました。土地勘のある常陸国『里の国の中世』を終えたところですが、周囲には正続合本『日本の歴史をよみなおす』をすすめています。

ヨーロッパについて薦められギンズブルグ『チーズとうじ虫』入手しました。体系的通史の知識もキリスト教の素養もないのですが、今はそんなものくそくらえです。

在庫処分DiMAGE Xg(\16,000)に飛びついたのにpataさんの影響あったかもしれません。手ぶれ補正モデルに駆逐されつつある旧世代を安く購入したのは正解でした。
旅先や街中で気になった対象をさりげなくスナップショットするのが目的なので、(finePixがそうでしたが)ダイヤル操作で風景モードにしておくとフラッシュ・オフというのがほしかったですね。

Posted by: hisa | September 02, 2005 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/5666854

Listed below are links to weblogs that reference 「仲の坂」を堪能:

« 『天才の栄光と挫折』 | Main | 『遙かなるケンブリッジ』 »