« 『T・レックス・ファイル』 | Main | 「中本」の「赤い魔女」 »

August 23, 2005

「高はし」の皿雲呑

takahashi_takana

「中華そば高はし」 東京都千代田区飯田橋3-11-30 千代田街ビル1F  3239-5274

 「こうや」の味を決めた店主がやっている店だから、雲呑はもちろん美味しい。つかサイコー。で、いつもはワンタン麺を注文することが多いのだが、なぜか昨日あたりから「ここのベストは高菜麺900円に醤蛋(ジャンタン)100円を載っけて皿雲呑400円も添える、というオーダーなのではないか」という気分がフツフツと高まり、いてもたってもいられなくなったため行列に加わった。

 ここのおねえさんというかオバさんは「ハイ、二人入って」とか「カバンはカウンターの下に置き場をつくったら、そこに置いてね」とかややウルサイ感じもするのだが、中国茶がなくなると「ハイ、コップ出して」とかいってつぎたしてくれたり優しいところもあったりする。主人もしゃべったところを見たことはないが、小さい店ながらいつもキレイにしていたり、足下にモノをおけるスペースつくったり、改善に余念がない。一生懸命さが伝わってくる。

 で、オーダーはね、もう大正解。次も絶対コレでいく。

 個人的にはややパンチが足りないと感じているスープが高菜が入ることによって、ぐっと味の輪郭がハッキリする。
takahashi_wantan_sara


 それと皿雲呑。もうサイコー。5つ入って、豆板醤、白髭に切ったネギ、万能ネギの小口の彩りも鮮やか。基本は酢醤油だが、これに豆板醤を加えると、もうね、あうのよ!

 醤蛋(味付玉子)は時代に逆らったハードボイルド。八角が薄くきかせてある。

|

« 『T・レックス・ファイル』 | Main | 「中本」の「赤い魔女」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/5600963

Listed below are links to weblogs that reference 「高はし」の皿雲呑:

« 『T・レックス・ファイル』 | Main | 「中本」の「赤い魔女」 »