« 『時代病』 | Main | 経済財政白書 »

July 15, 2005

「千とせの半刺し」

chitose_hanzasi

「季節料理 千とせ」中央区日本橋室町1-12-5 3241-5811

 「千とせ」は最近、紹介させていただいたお店では、一番、反響が高いというか、すでにコメント欄をみるだけでもお二人の方が出かけている。「この間教えてもらったトコ、旨かった!」みたいなリアクションが実は一番嬉しい。

 しかも、焼き魚や煮魚にマグロの刺身の半分盛りという「半刺し」がオプションで付けられるということもご報告いただいた。この半刺は300円。つまり1,300円で魚づくしの豪華なランチをいただけるわけだ。

 ということになれば行ってみなければならない、ということで、チャンスをうかがっていたが、意外と素早く実現。再び「千とせ」のヒトとなれた。

 お昼前だというのにサラリーマン、しかも、部長クラスという感じがカウンターに多い。そして、口々に「半刺しつけて」「あ、こっちもチョイ刺し」「うーん、やっぱり半分のつけて」と好き勝手に呼びながらマグロの半刺しをつけている。

 うーん、しかし、ここのゴハンは本当においしい。つか、いま、一番気に入っているランチはここかも。

 ということだが、まったく関係ない話に飛ぶ。それは裏メニュー。昨日、久々に麻布十番の「ミスターガーリック」に行き、ハンバーグやコロッケそれにエスカルゴを堪能してきた。しかし、タンシチューを頼もうとすると「メニューにゃ3000円って書いているけど、タンが値上がりして、とてもじゃないけどやってけねぇってんで、いまじゃ6000円もらってる」という。うーむ、タン不足の影響はこんなところにも来ているのか、と思ったら、オヤジさんの話がとまらなくなる。

 「まあ、毎日顔出してくれるような客は、いちいち注文なんかしやしねぇ。『まかせた』みたいな感じで、こっちも裏メニューを出す。ところが一見さんみたいな客に限って『隣の方と同じモノください』なんてぬかしやがる。誰が出すかよ」みたいな。

 しかし、こういうことを話してくれるということは、おいらも裏メニューが近いんじゃないかと思い、今月から来月にかけてミスターガーリック強化月間にしようかと考え中。

|

« 『時代病』 | Main | 経済財政白書 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/4983824

Listed below are links to weblogs that reference 「千とせの半刺し」:

» ミスターガーリック [麻布TIME]
ジャンル:洋食 時間:Dinner   「ミスターガーリック 」 麻布十番で有名な洋食屋さんの1軒です。   オーナーシェフの関口東彦さんは、麻布十番では知る人ぞ知る名物のオヤジさん。 日本橋「たいめいけん 」で、長年修行した経験を活かして腕を振るいます。... [Read More]

Tracked on January 13, 2006 at 09:23 PM

« 『時代病』 | Main | 経済財政白書 »