« 『世にも美しい数学入門』 | Main | 『チョムスキー入門』 »

July 03, 2005

東京B級グルメ「もうやんカレー」

mouyan_curry

「もうやんカレー利瓶具(十二社店)」 新宿区西新宿6-25-14 第2仲川ビル1F 5323-5539
 以前、「マイ・フェイバリッドなカレー店」ということで、いろんなお店の感想を書かせてもらったことがありったが、新たにS級の店で喰うことができた。それは「もうやんカレー」。「ゴーゴーカレー」と同様、新宿でしか店舗展開していないだが、カレーと新宿というのは関係があるのだろうか。同じようなカレー特区としては神田があるのだが、極私的な「マイ・フェイバリッドなカレー」ではS級の店は新宿の方が多い感じがする。

 さてもその「もうやんカレー」だが、2店舗の愛称が利瓶具(リビング)と大忍具(ダイニング)というのがベタ。店内にも学生さん、若いサラリーマンなど腹ぺこ男子系が多く、内装もいまひとつ統一感が感じられないのだが、店のHPなどをみるとハワイアンな雰囲気を演出しているのだという。ハワイとカレーってどうなんでしょ。

 まあ、そんなことはいいのだが、そのカレーのコクは見事。「玉ねぎ、人参、セロリ、りんご、バナナ、トマト、ニンニクなど野菜をふんだんに使いました」とのことだが、これはニューキッャスルにも通じる方法論だと思う。24種類のスパイスを投入し、牛と豚のフォンでのばしたルーはひとくち頬張れば唸ってしまうことうけあい。んまい。

 辛さの調整は最初ということもあって21段階の5段階にしたが、次はノー文句で10段階にいこうと思う。いきなり21でも問題ないとは思うが、何事もステップを大切にしているので。

 写真はビーフほほ肉煮込みカレー(1000円)で普通盛り(350g)。ほほ肉は値段は安いけど大好きな部位。しっかりしたゴロンとした量の肉も噛みしめる幸せを感じさせてくれる。

|

« 『世にも美しい数学入門』 | Main | 『チョムスキー入門』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

まるで太極マークのような美しさ!
ルーのどろっとした感じ、見るからに美味しそうです~。
でも新宿かぁ~・・・生活圏内でないところが悔しいですぅ。
ところでご飯の上に乗っているのはなんですか?

Posted by: 里香 | July 04, 2005 at 02:01 AM

里香さん、コメントありがとう゛ございました。ご飯の上はチーズです。ここではチーズをバーナーで焼いてくれたり、いろいろ使われています。

Posted by: pata | July 04, 2005 at 02:59 AM

もうやんのランチバイキング、昔ハマった時期がありました。カレーバイキングなんて珍しいですからね^^

ただ、あの濃厚さなので、喰いすぎると暫く店の前で歩けなくなるのが難点でした(そこまで喰うなw

Posted by: ぐるめ | July 04, 2005 at 07:03 PM

実は、今日、ダイニングのバイキングに行きましたw

うーん、確かに、もう喰えないw

Posted by: pata | July 04, 2005 at 07:56 PM

僕も大忍具のランチバイキングに行きました。
調子に乗って2杯目を盛ったら、苦しいのなんのって…
最後は意地になって食べて、店を出たときは「当分イラネ」と思ったんだけど、2日ぐらいたったらまた食いたくなりました。
あの牛ほほ肉のカレーは、すばらしい!
これ以外の、牛すじのカレーも、豚三枚肉のポークカレーも、秀逸でした。
今回はたまたま中野方面に用事があった帰りに寄ったんですが、ふだんの生活圏範囲からはちょっと外れているのが残念です。もし近所だったら、かなりの頻度で行くと思います。

Posted by: pleo | July 11, 2005 at 11:48 PM

「2杯目を盛ったら」これ、ぼくも失敗しました…

でも、ここのは本当に美味しい。コクと辛さのパンチが絶妙な濃さで解け合っているって感じですよね。

Posted by: pata | July 12, 2005 at 03:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/4817475

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメ「もうやんカレー」:

« 『世にも美しい数学入門』 | Main | 『チョムスキー入門』 »