« 『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』 | Main | 『サッカーでメシが食えるか?』 »

June 14, 2005

東京會舘の欧風料理

tokyokaikan_beef

「東京會舘」 千代田区丸の内3丁目2番1号 3215-2122

 いろんなところでゴチになる季節なのだが、「東京會舘でランチでも」と云われるとウキウキしてしまう。宴会場、パーティが中心の施設だが、もし泊まれるのだったら、ゆっくり食べて、素晴らしいサービスを夜遅くまで味わいたいと思う(ムリなんだが)。

 確かエリザベス女王が来日した時も、東京會舘がランチで使われたと思うけど、やっぱ欧風料理というか、フレンチというか、個人的には非常に安心して食べられるところだ。つか、こうした味に慣れてしまっているだけかもしれないけど、やっぱり旨いと思う。

 これは昼のコース料理のメインで、牛肉のパイ包み焼きみたいな料理(正確に書くとフィレ肉のパイ包み焼きプリンスアルベール風 )。

 ソースも旨いし、それになんといってもうっとりするようなこの焼き上がり具合!不思議なねりからしもなんかいい感じ。
 
 温野菜とかつけあわせもしっかりしているし(サラダはもうちょっとアットゥーデートなものにした方がいいと思うが)、本当に「フツーに幸せになれる」んだよね、東京會舘は。

|

« 『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』 | Main | 『サッカーでメシが食えるか?』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/4551825

Listed below are links to weblogs that reference 東京會舘の欧風料理:

« 『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』 | Main | 『サッカーでメシが食えるか?』 »