« Johnny Cashのユルネバ | Main | 更科堀井の茶蕎麦 »

May 08, 2005

『36フォトグラファーズ』

36_photos

『36フォトグラファーズ 木村伊兵衛写真賞の30年 Asahi original』アサヒカメラ社

 カメラ界の芥川賞とも直木賞ともいわれる木村伊兵衛写真賞の30年を記念して編集された本。30周年なのに、なぜ36人かというと複数受賞者があるから。特に2000年の長島有里枝、蜷川実花、HIROMIXという3人の女性の同時受賞には驚かされた。

 つか、木村伊兵衛賞って、1998年のホンマタカシの前は、89年の星野道夫あたりをのぞけば、あまりパッとしなかったけど、ホンマタカシとHIROMIX、それに2004年に50歳を超えて受賞した中野正貴と最近になって飛ばしてききた感じ。

 『Tokyo Nobody』で驚かされ、窓から見た風景を切り取った『東京窓景』で受賞した中野正貴さんの「これからの時代、50歳で新人賞というのもありだなとも思うんです」という言葉は印象に残った。また、後半の選考委員の座談会で、最初の頃は五木寛之、吉行淳之介、大江健三郎などの作家が必ず入っていて、写真界には文学コンプレックスがあったなんていう話は時代を感じさせられた。後は、「HIROMIXはコンパクト、川内倫子さんはローライ、佐内正史さんは67のアサペンで自分で焼く」などが写真家にとっての"文体"なんだみたいな話も面白かった。

 ということで、まだ部屋の片付けが完璧には終わっていなく、本をゆっくり読める雰囲気にないのが悩み。明日ぐらいには中井久夫さんの『時のしずく』に関して書きたいけど、その前に書く予定だった『抗争する人間』今村仁司さんがみつからない…。

|

« Johnny Cashのユルネバ | Main | 更科堀井の茶蕎麦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/4034275

Listed below are links to weblogs that reference 『36フォトグラファーズ』:

« Johnny Cashのユルネバ | Main | 更科堀井の茶蕎麦 »