« おか田の牛フィレかつ | Main | 『フランス革命―歴史における劇薬』 »

April 07, 2005

さよならニコン

20D

 今日、キヤノンのデジタル一眼20Dを買った。

 カメラは銀塩時代はずっとニコン一筋だったけど、デジタルになって一眼の決定版がなかなか出なくて、そうこうしているうちに、扱いの小さな写真などは、ほとんどコンパクトデジカメでいけることがわかり、一眼への関心が薄れていった。

 しかし、どう耳をふさいでいても、20Dの話は聞こえてくる。「EOS D1 いかなければ、これで十分」と。大学時代からのカメラの師匠にも「キヤノンに乗り換えてよろしいでしょうか」とお伺いをたてたところ、OKのご返事もいただけたので、この際、いってしまいしまた。


 レンズは10-22の超広角ズーム。実はこれを使ってみたかったというのもかなりの理由。

 メディアはLEXARの高速1Gコンパクトフラッシュ。キャンペーン中なので、あとで、もう一枚キヤノンからやや遅いながらも1Gのコンパクトフラッシュが贈られてくる。

|

« おか田の牛フィレかつ | Main | 『フランス革命―歴史における劇薬』 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/3599946

Listed below are links to weblogs that reference さよならニコン:

« おか田の牛フィレかつ | Main | 『フランス革命―歴史における劇薬』 »