« 天気がいいから野田岩まで歩いてみた | Main | 追悼 マリア・シェル »

April 28, 2005

CL 1/2final 2nd Leg

 27日に行われたミランvsPSVは、PSVがさすがの集中力のとぎれない守備をみせ、攻撃も朴智星が素晴らしい動きを見せていたが、ともに終了間際にどこからともなく仕事をしにくるカカのスルーパスとシュートのデフレクションで致命的な2-0の敗北。

 しかし、朴智星は素晴らしいプレーヤーに成長した。特に運動量は驚異だ。このまま成長していけば、ビッグクラブの中心選手になれるかもしれない。

 今日のチェルシーvsリバプールは不思議なゲームだった。チェルシーは前半のランパードがゴール前のどフリーのボレーをふかしてから、勝つことをあきらめたみたいな試合ぶり。後半に投入したロッペンもまったく本来の動きからはほど遠い。ケジュマンは相変わらずフィットしていないし。さすがのモウリーニョも、ダフを欠いて、ロッベンもダメだと攻撃の核がなくなり、辛いのかもしれない。決定機を演出したジョンソンやテリーの攻め上がりも少なく、ギャラスも守備専で終始した。

 リバプールは終了間際のシャビアロンソのイエローが痛い。0-0の引き分けならリバプールが圧倒的に有利だと思っていたが、これでわからなくなった。ユベントス戦で見せたような強烈な立ち上がりからの攻めを期待したい。

|

« 天気がいいから野田岩まで歩いてみた | Main | 追悼 マリア・シェル »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/3891172

Listed below are links to weblogs that reference CL 1/2final 2nd Leg:

« 天気がいいから野田岩まで歩いてみた | Main | 追悼 マリア・シェル »