« 北朝鮮雑感 | Main | 『「男性自身」1963-1980 最後から二冊目の巻』 »

February 10, 2005

エルガーのヴァイオリンソナタ

elgar_vin
 前にも書いたけど『のだめカンタービレ』に出てくる曲は、それなりによく考えられていると思うし、クラを聴きなれた人にもエルガーという隠し球をいきなり持ってきてアセラせるなど、なかなかアドバイザー陣はしっかりしていると思う。

 問題は、エルガーとか急に言われても、出ているCDそのものが極端に少なかったし、同じように「そういえばエルガーなんてマトモに聴いたことないよ」という人が買いまくるものだから品薄状態が続いていたわけだが、ヴァイオリンソナタもようやく供給体制も整ってきたようで、無事、Amazonで買えた。

 ブリリアントあたりが『のだめカンタービレ コレクション』なんて感じでオムニバスつくったら、1万セットぐらい売れると思うんだけどな…。クラの世界ではパッと儲けようなんて人は少ないのか…。

|

« 北朝鮮雑感 | Main | 『「男性自身」1963-1980 最後から二冊目の巻』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/2874399

Listed below are links to weblogs that reference エルガーのヴァイオリンソナタ:

» のだめカンタービレ [のだめカンタービレ]
のだめカンタービレのファンサイトです... [Read More]

Tracked on February 12, 2005 at 05:56 AM

« 北朝鮮雑感 | Main | 『「男性自身」1963-1980 最後から二冊目の巻』 »