« 雪のピアノ | Main | プレミア2試合とLeague Championship1試合 »

January 01, 2005

年末年始のサッカー

 えー、皆様、あけましておめでとうございます。ことしも、ひとつ、よろしくお付き合いのほどを。

 ということですが、毎年、何もしないことをポリシーに年末年始を過ごすアタシにとって、年末年始にプレミアの試合をやってくれるほどありがたいことはありません。

 こたつみかんでヌクヌクしながら観るリヴァプール vs チェルシーなんざ最高じゃありませんか。それが終わればチャールトン vs アーセナルも観られる。プレミア本当にありがとう!。

1/1といえば、FC東京が出ていれば最高だった天皇杯決勝が行われました。結果は10人となりながらも2-0の状態を長くキープし、1点こそ獲られたものの、2-1でベルディの勝ち。この人なんかはずっと「ベルディはいいサッカーやってる。天皇杯はベルディ」とか言ってて、そうかな、と思っていたけど前半は本当に良かった。サポがゴール裏の一角に埋まっているのはかわいそうだったけど…。磐田は新鮮味の欠ける試合っぷり。これでACLに行かれちゃたまらんな…と思いつつ、世界クラブ選手権が定着すれば、ACLに進める天皇杯の価値はグッと上がってくると思うので、来年はFC東京にぜひ獲ってもらいたい。

 17:10からは「サッカー日本代表 ドイツへの最終章」がBS1でやる。トゥルシエ時代から山本アナがロングインタビューするという企画がずっと続いていたと思うが、これもそうだと思う。

 トゥルシエといえば本気でマルセイユでもフラットスリーをやろうとしていて、日本代表のキーマン的存在だった中田浩二を獲りにいくらしい。昔から中田浩の左からのフィードを評価していたし、やっぱり自分の好みにピッタリくる選手というのはあるんだろうな、と思う。はたしてヨーロッパのディフェンダーとしてやっていけるかどうか心配だが、ビッグクラブであるマルセイユからのオファーなんていうのはそうないと思うから行ってほしい。

 1/3というか1/4の早朝01:15にはもう3回目か4回目になる『W杯をめぐる冒険4小野・稲本・高原2004』がフジテレビ系列でやる。毎年、楽しみにしていた。とくにWBAからカーディフに短期レンタルに出されている稲本がどんなことを考えているのか興味深い。

 カーディフ関連のBBSを読むと、稲本に関しては「なんで2戦目でスタメンとれるんだ」という懐疑派もいる一方、「日本から10人も取材に来るってよ」「カーディフが日本でも有名になったらカネががっぽがっぽ入ってくるぞ」みたいな意見の二手に分かれている感じ。もうWBAからは見放されたのかなと思っていたら、そんな論議にWBAのサポが乱入してきて「稲本に"点火"してもらった後には、素早くウチの1stチームに返してもらうから」と書いてくれていたのがよかった。WBAはロブソンを解任して、フランスあたりの若手の監督にやらせないと、この先いつまでたってもエレベータチームから抜け出せないと思う。とにかく、稲本頑張れ!

|

« 雪のピアノ | Main | プレミア2試合とLeague Championship1試合 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/2438075

Listed below are links to weblogs that reference 年末年始のサッカー:

« 雪のピアノ | Main | プレミア2試合とLeague Championship1試合 »