« 今年の冬は寒いのか | Main | 『花押を読む』 »

January 13, 2005

東京B級グルメ#102「花一文」

hanaichimon
「花一文」中央区日本橋室町1-13-14 3241-6015

 日本橋の「木屋」がある道を入って、「にんべん」の対面あたりの細い道を入ると、築40年近いボロ屋がある。そこが日本料理の「花一文」。

 ランチ時には板さん1人とオーナーであるおばちゃん、それに若い女性1人の3人できりもりしている。焼き魚、刺身、天麩羅なんでも1000円。おそらく会計の時、面倒臭いからだと思う。

 お客さんも常連ばっかりで、挨拶してはいってくる人が多い。一階のカウンターが一杯だと二階の座敷にあがらせられる。

 写真は刺身定食だけど、このハマチなんざ、1000円の定食のハマチじゃありませんぜ。

 この日は小鉢が豆だったけど、自分とこで炊いたシジミの佃煮が定番。

|

« 今年の冬は寒いのか | Main | 『花押を読む』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/2562839

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメ#102「花一文」:

« 今年の冬は寒いのか | Main | 『花押を読む』 »