« 中本全メニュー制覇への道「蒙古弁当」 | Main | ドイツ戦と花粉症 »

December 16, 2004

年末進行体制とネグリ

本業に加えて、いろんな雑務も重なり、新しいエントリーを書くヒマができない。

ネグリの『ヨブ 奴隷の力』に関しては、来週にでも、じっくり書きたい。面白い。これはネグリの『マチウ書試論』だと思った。

 でも訳者が「訳者解説」で

『聖書』という書物は、天地の創造からキリストの誕生までを描いた―基本的に、ユダヤ教の歴史である―『旧約聖書』と、キリストの誕生から、「新しい教え=福音」の宣言とキリストの死を経て、初期の教会が形成されるまでを描いた『新約聖書』に分かれている

なんてことを平気で書くような素人さんなので、文中に「?」というような表現もいっぱいありすぎ。旧約にキリストの誕生なんか描かれていませんから~!残念。未読でしったか解説斬り!でも、内容は素晴らしいので許す。

 ま、岩波で古典を訳すような人でも、ユダヤ教とかキリスト教に関しては驚くような無知を発見することがあるのだから、今さら驚くようなことでもないけどね。しかし、西洋哲学とは基本的に『新約聖書』の注解ともいわれているのに…(ちなみに、ユダヤ教の聖書=キリスト教の旧約聖書は、近代以前は新約聖書の予型としてとらえられていた)。

 旧約は一回だけ通しで読んだことあるけど、ハリウッドの大作になりそうな歴史物語のほかは退屈な文章が多い。特に法律書そのものであるレビ記なんかはよく読めとおせたと思うぐらい。

 でも、「伝道の書」(新共同訳では「コヘレトの言葉」)と「ヨブ記」はすごい。すごすぎる。時間があれば、このふたつぐらい、ぜひ(ちなみに、新約も二冊ということであれば「マタイ伝」と「使徒行伝」ぐらいでいいんじゃないかな)。

|

« 中本全メニュー制覇への道「蒙古弁当」 | Main | ドイツ戦と花粉症 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

今モンテーニュの伝記みたいのを読んでいるのですが、
ギリシャ、ラテンの古典からの引用が多くて、聖書は
あんまり。。。という彼が、伝道の書は愛読していた
そうです。
私は「汝その妻とよろこびて暮らせ」のところが、何と
なく好きです。

Posted by: しまじろう | December 16, 2004 at 10:31 PM

どーも、しまじろうさん。アタシはやっぱり、出だしのあたりとバーズのTURN! TURN! TURN!で有名なあたりですかね。TURN! TURN! TURN! なんか欽定訳そのままですもん。約2500年後の世界でも、歌われてヒットするというのは、よほど普遍性をもっていた、ということだと思います。

TURN! TURN! TURN! (Book of Ecclastiastes/Pete Seeger)

To every thing, turn, turn, turn,
There is a season, turn, turn,turn,
And a time to every purpose under heaven

A time to be born, a time to die
A time to plant, a time to reap
A time to kill, a time to heal
A time to laugh, a time to weep

To everything, turn, turn, turn,
There is a season, turn, turn, turn,
And a time to every purpose under heaven

A time to build up, a time to break down
A time to dance, a time to mourn
A time to cast away stones
A time to gather stones together

To everything, turn, turn, turn,
There is a season, turn, turn, turn,
And a time to every purpose under heaven

A time of love, a time of hate
A time of war, a time of peace
A time you may embrace
A time to refrain from embracing

To everything, turn, turn, turn,
There is a season, turn, turn, turn,
And a time to every purpose under heaven

A time to gain, a time to lose
A time to rend, a time to sew
A time to love, a time to hate
A time for peace, I swear it's not too late

The Byrds "Turn!Turn! Turn!"
Columbia Records 1965

Posted by: pata | December 18, 2004 at 10:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/2283937

Listed below are links to weblogs that reference 年末進行体制とネグリ:

« 中本全メニュー制覇への道「蒙古弁当」 | Main | ドイツ戦と花粉症 »