« 東京B級グルメ#97「更級堀井」 | Main | FC東京の高速クロスが炸裂! »

December 11, 2004

延長PKのチャンピオンシップ

 90分持つのかな…と思うほど、前半の浦和は前掛りで攻めていた。でも、決定的なシーンはCKからのトゥーリオのヘッドと、FKからのエメルソンのシュート以外ほとんどなかったと思う。エメルソンのシュートは入っていればスーパープレーだったけど、ミートしなかった。

 トゥーリオはCKになると遠くにして体を小さくして"気"を消して、いきなりズドンとくる。後半終了間際のも同じようなシュートだった。さすがの横浜の守備陣も集中が途切れたんだろう。どフリーを外したトゥーリオは、その後もPK合戦でも1人目で外した。戻ってくるトゥーリオをアルパイがものすごい目で睨みつけていたのが印象的。

  GK榎本は見るからに自信を持っていた。一方の浦和の選手は、涙目が多かったし、最後に、目をベンチの方を見る感じでそらしてから蹴っていた。「自信なさそ」と誰でも感じる。なんか、奥目になってる感じだったし。

 エメルソンは精彩を欠いていたというか、いつもの弾むような動きがなかった。中西が一発レッドを喰らったシーンでも、調子がよければ中西がふっ飛ばされていたように思う。均衡をうちやぶるだけのフィットネスがなかったように思う。だから「エメルソン・スーパー」が出なかったのかも。2ndも後半は疲れ気味だったし。

 つか次の天皇杯が欠場なら、FC東京が準決勝で磐田を破って元旦は国立に行けそうな気がしてきた。

 浦和はこれで、今年はFC東京相手のナビスコ杯、それにチャンピオンシップもPKで逃したことになるが、まあ、第三、第四、第五FWしかいない相手に負けるというのは、やっぱり何かが足りないんだと思う。アレックスは相変わらずクロスがダメだな、と…。

 中澤のMVPは納得。ひょっとしてJリーグアウォーズでも?

|

« 東京B級グルメ#97「更級堀井」 | Main | FC東京の高速クロスが炸裂! »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/2235720

Listed below are links to weblogs that reference 延長PKのチャンピオンシップ:

« 東京B級グルメ#97「更級堀井」 | Main | FC東京の高速クロスが炸裂! »