« 一億全メニュー制覇への道「X豚生姜焼き」 | Main | PSPデカ…でも買うw »

December 07, 2004

『13歳のハローワーク』

『13歳のハローワーク』村上龍、幻冬舎

 今日は知り合いの子の誕生日会。ということで、この本をプレゼントすることにした。小学五年生なので、まだ少し早いかもしれないが、まあ、読めるだろう。

 この本は、ご存知の通り「好き」ということをキーワードに514種の職業を紹介している仕事の百科辞典。村上さんは昔からフリーター批判を書いていたが、その主張に100%賛成はできないまでも、あらかじめ何かの準備をしておいた方がいいんだろうとは、やっぱり思う(特に知っている子や親戚の子などの場合は)。

 この本が、働くということに思い巡らす入り口になれば嬉しい。

 本当は文庫本が出るのを待ってた方が懐は痛まないんだけど、この本は、このサイズ(26x19)でなければイラストが活きないので仕方ないか。

 ちなみに、ぼくの場合、親戚の甥っ子、姪っ子でも、プレゼントはすべて本にしている。出版不況にあえぐ業界を少しでも活気づけるために、みなさんも「プレゼントは本」で、ひとつ…。

13year_hello_work.jpg

|

« 一億全メニュー制覇への道「X豚生姜焼き」 | Main | PSPデカ…でも買うw »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

>親戚の甥っ子、姪っ子でも、プレゼントはすべて本にしている。

素晴しい! いや、ホントまじで。興味持つ持たないは別として、取っ掛かりになればなったで、いいですよ。
漏れの周りにはそういう大人がいなかったから、尚更そう思う。

Posted by: 7号 | December 07, 2004 at 11:08 PM

どーも、コメントありがとうございます。

ぼくの場合は、従兄弟の中では一番、年下だったので、年上の従兄弟たちの本棚を見て刺激された、という記憶があります。

あの、ズラッと並んだ本棚は、なにものにも代えがたい教師だったなぁ、と。

思い出すのは、箱入りのスターリン全集が隅っこの方に全巻揃っていたことですかねぇ。このヒト権威失墜しているかも、とか直感的にわかりましたw

Posted by: pata | December 08, 2004 at 09:34 AM

贈り物には本を。これは僕も同感です。実際ここ20年ほどは自分でもそうしています。写真集から童話,カタイ本までいろいろ選んだものですが,考える過程も楽しいですね。一時はラッピングまで自分でやったものです。

本を読まない人間に明日はないっ!と公言してます(笑)

Posted by: ALGOL | December 08, 2004 at 11:30 AM

いつもコメントありがとうございますALGOLさん。

>本を読まない人間に明日はないっ!

なんか学力低下で、特に読解力がOECD加盟国の中でも14位に落ちたとか昨日の夕刊に出ていましたが、まったく同感です!

Posted by: pata | December 08, 2004 at 03:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/2182199

Listed below are links to weblogs that reference 『13歳のハローワーク』:

« 一億全メニュー制覇への道「X豚生姜焼き」 | Main | PSPデカ…でも買うw »