« さてと、ナビスコ杯決勝だが… | Main | 「中本」全メニュー制覇への道#8「半蒙古丼」 »

October 14, 2004

日本vsオマーン

 日本代表が「引き分けでもいいという現実的な戦い」(宮本)を90分間やりぬき、後半7分に鈴木隆行があげた見事なヘディングシュートを守りきって、ワールドカップアジア一次予選の突破を決めた。

 ジーコは最初から「1位しか通過できない一次予選のレギュレーションは二次予選より厳しい」と言っていたが、その通りの厳しい展開となった。日本でのオマーン戦、まだワールドカップ予選モードに入っていないようなフワッとした状態で初戦に臨んだ日本代表は、久保のゴールで1-0で切り抜ける。総当りのリーグ予選突破では、勝ち点の数が並んだ場合、当該チーム同士の勝ち点、得失点差が全体の得失点差よりも優先される、というルールであることは後から知った人が多かったのではないかと思うが(不肖アタシもそのひとり)、とにかくいきなりピンチに立たされたわけだ。ここからどん底のような状態が続き、解任要求デモもおこったりしたが、ヨーロッパ遠征で連携プレーの練習に時間をかけるなどして、徐々に調子は上向き、最終的には1試合を残して突破を決めた。

 今日の試合では、もちろん決勝ゴールをあげた鈴木を褒めるべきだろうが、打った3本のシュートがすべて力強く、キーパーの手を弾いてCKをとった高原もよかった。守備面では中澤の高が光っていた。また、オマーンの20番、イマド・アリが前半のCK時に頭をケガしたのは結果として助かった。後半、川口と宮本の連係ミスからシュートを打たれたが、あの場面でもケガをしてなければもっと危険になったかもしれない。

 あと、特筆されるべきは鈴木通訳の退場。通訳の退場というのは初めて見た気がする。

[追加]オマーンの選手は最後、勝とうという意志を失っていたと思う。まだ若いチームだから、というよりも、日本代表もつい10年ぐらいまでは似たようなものだったように感じた。

|

« さてと、ナビスコ杯決勝だが… | Main | 「中本」全メニュー制覇への道#8「半蒙古丼」 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1675069

Listed below are links to weblogs that reference 日本vsオマーン:

» ジーコジャパン最終予選へ [うってぃんはうす]
ドイツW杯最終予選をかけたオマーン戦。 完全なアウェイの中、どのような戦いをする [Read More]

Tracked on October 14, 2004 at 11:15 PM

« さてと、ナビスコ杯決勝だが… | Main | 「中本」全メニュー制覇への道#8「半蒙古丼」 »