« 「中本」全メニュー制覇への道#8「半蒙古丼」 | Main | 『刑法三九条は削除せよ!是か非か』 »

October 14, 2004

管理から信頼への『マネジメント』

 巨人軍の元ヘッドコーチである牧野茂氏は、川上監督とともにドラッカーの経営学の本からヒントを得て、やがてセ・リーグ9連覇の快挙を成し遂げる管理野球をつくっていったとことあるごとに講演会などで語っていたという。そうした場所で、ドラッカーの言葉で最も印象に残ったものとしてあげられていたのは「組織の目的は、凡人をして非凡なことをなさしめること」だったと思う。『マネジメント』の一節だ。

 しかし、実際に『抄訳マネジメント―課題・責任・実践』を読むと、巨人流というか川上・牧野流のガリガリの管理術みたいな印象はない。むしろ「組織の精神」で強調されていることは管理者の誠実さだと思う。トップは人を評価する上で、誠実さを絶対条件としていることを、組織の構成員にはっきりとみせなければならない、と言っていたと思う。その中で「長所よりも短所に目を向ける人間は経営管理者として失格だ」とか「人柄はごまかしがきかない」というようなことを重視していたとハズだ。それが、どうやったら川上野球になるのか、どうな風に換骨奪胎したのかいまひとつよくわからないのだが、日本代表vsオマーン戦の後、川渕キャプテンが語っていた言葉が印象に残る。

「ジーコの選手への信頼感は本当にすごい」「こういう困難を我慢強く耐え、選手を信頼した監督はジーコしか知らない」「よくこれだけ我慢しているなと思う。選手が試合に挑んでいる時も勝つことは間違いないという信念でやっている」と、勝ったからこそ言えるけど、と断りながらも語ったと報じられている。そして「今日はこういう話をしたいと最初から思っていた」とも。

 野球の話で申し訳ないが、落合監督がセ・リーグで優勝を決めたことは、本当に快挙だと思う。「自分はドラフト5位でロッテに入った。二軍でもすごい選手はいる」として大型補強を拒否、配下の70人の選手のうち、確か57人を一軍で試合に使ったか登録してペナントを制した。やはりキーワードは信頼か。アスリートといえども人の子。誠実な監督に信頼されていると思えばこそ、頑張ることができる時もあるんじゃないか、と柄にもないことを考えた。

|

« 「中本」全メニュー制覇への道#8「半蒙古丼」 | Main | 『刑法三九条は削除せよ!是か非か』 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

TBありがとうございます。
ジーコは最初の方はどうかな?と思うところがありましたが、
ジーコともども日本代表も成長してきたと感じます。
これも、選手と監督の信頼関係があってこそかなと思います。

Posted by: うってぃん | October 15, 2004 at 11:41 PM

うってぃんさん、どーも。
ぼくの知り合いの人で、最近、ジーコとツーショットを撮れた方がいらっしゃるんですが、その人が「周りのブラジル人が『ジーコは人格者ですよよぉ』と言ってたけど、本当にそうだった。写真を撮らせて欲しいとお願いしたら、自分から腰に手を廻してくれた」と書いてましたが、そうした知らないジーコの良さっていつぱいあるんじゃないか、と思います。

ぼくが最初にジーコを見たのは、1978年のワールドカップアルゼンチン大会。当時は「白いペレ」というのが代名詞でしたが、78年大会はブラジルにとってもジーコにとっても失敗の大会。そして黄金の82年、PK失敗の86年と見てきた者にとつては、住友に入ってくれるなんて信じられませんでした。

一度、東横線に息子さんたちと一緒に等々力でのベルディ戦に行くジーコを見た時には、五体投地をしそうになったぐらいでして…。

Posted by: pata | October 16, 2004 at 07:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1679907

Listed below are links to weblogs that reference 管理から信頼への『マネジメント』:

« 「中本」全メニュー制覇への道#8「半蒙古丼」 | Main | 『刑法三九条は削除せよ!是か非か』 »