« B級グルメ番外編「みっちゃん」 | Main | "Palookaville" Fatboy Slim »

October 30, 2004

『監督ジーコ、語る』ジーコ、ぴあ

『監督ジーコ、語る』ジーコ、ぴあ

 サッカーサイトを探しても、あまり語られていない本なので、しょうがないので紹介したい。ジーコの公式サイトの抜粋に加筆訂正したというお手軽なつくりではあるが、日本代表監督の近著だし、もっと敬意を払われてもいいとは思うのだが…。

 一読、代表監督という仕事に自信を深めている姿が読み取れたのが個人的には嬉しかった。ぼくは、日本代表の監督としては、ジーコは最適だと最初から思っていたし、06年でも素晴らしい結果を残してくれると信じている。ジーコが本の中で繰り返し語っているのは、日本への愛着があったから、好きでも、目標でもなかった監督という仕事を引き受けたということ。それについて、まとまって書いているのは以下のところだろう

 「私が日本の地に足を踏み入れたその日から、常に温かく受け入れてくれた皆さんへの恩返しをするためにも、この要請を断るわけにはいかなかった。スタンドにわずか50人ほどだった観客が1万人へと増える過程や、インフラも含めた新たな組織機構など、日本サッカーがプロへと生まれ変わる瞬間からワールドカップ開催までの道のりをすべて見届けてきた。このような理由から私は日本人のもっとも長けている才能を最大限に引き出すことを念頭に置いて監督として新たな挑戦を受ける決意を下したのである」(p.131)。

 しかし、実はジーコが語る言葉に新味なものはあまりない。少年サッカーの指導書として版を重ねた『ジーコの考えるサッカー ゲームに生かせる実践Q&A』の3分冊のLevel2で小山道雄さんが書いているように「ジーコは彼の長い現役生活を通して、その『基本としてあるべきことがら』を実践してきた。だらかこそ、彼、ジーコは偉大なんだ、と私は思っている」(p.185)ということなんだと思う。

 そして、日本が世界のベスト20に上りつめるためには(それが日本サッカーの最大の目標ではなくなってきているかもしれないが…)、遠回りかもしれないが、もう一度「基本としてあるべきことがら」から固めていかなければならないのだろうし、それには「私のプロサッカー人生を常に導いてくれたのが、『規律』と『献身』というふたつの単純な概念である」(p.119)と、力強く、説得力のあるキャリアを背景に語ってくれる指導者が必要だということであり、現実的な可能性として、最も適任なのはジーコしかいない、ということなんだと思う。

さて、ジーコは今の日本代表をどのように一言で表現しているのだろうか。それは「抽象的なイメージで言えば、現在の日本代表は学校の入学試験に受かったところじゃないだろうか。それも、かなりいい成績で」(p.23)というあたりか。そして、その代表を率いる自分自身に対しては「この2年間を振り返って、少し気になかっていたのは、選手と自分の関係において、『昔のスター選手』という目で見られている点だった」「だが、それが最近なくなってきたと感じる。選手たちが『ひとりの監督』として私を見てくれているのが何よりうれしいのだ」(p.29)と語る。こうした変化は、選手に対する合宿中などにおける小さなアドバイスの積み重ねだという。ジーコは「選手の将来の糧になると信じ、意見する」としているが、それが洞察に富んでいるものであり、実際に実行してみて役にたったものであれば、選手との信頼関係は自然に強化されていったのではないか、と分析している。

 ぼくはジーコの言葉はブレていないと思う。選手の能力を信じ、連携プレーのための時間が欲しいといい続け、そうした機会をようやく手に入れたヨーロッパ合宿以降は、チーム力が格段にあがり、「やるからには勝つ」と宣言してアジアカップを勝利し、オマーン戦も無事にクリアーした。そうした当たった予測の中には「一位しか抜けられない一次予選はある意味でミスを取り戻せる可能性もある二次予選よりもはるかに難しい」というものもあったわけだが…。

 それにしても、永遠の課題は「決めなければ、決められる」(ブラジルのサッカーの格言p.83)なんだろうな、と改めて思う。

 ちなみに、いまジーコは「とても忙しい中で全ての写真が掲載できないけど、日本に戻るまでの間にまたいくつかの写真を載せます。日曜にドイツにコンフェデ杯の抽選に行きます」と、ブラジルからユーロッパに向かっている最中だろう。彼の日記は公式サイトで読める。本とともに、ぜひ。
zico_talk.jpg

 GQの最新号によると日本サッカー協会は160億円の収益を生んでいる。そしてジーコの年棒は2億4000万円。ぼくは格安だと思っている(しかし、この表紙のキャプテンの写真、どうにかならなかつたんだろうか…まあ、内容も内容うだったが…)。

GQ_kawabuchi.jpg

|

« B級グルメ番外編「みっちゃん」 | Main | "Palookaville" Fatboy Slim »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

pataさんありがとうございます
早速読んでみます♪
しかしこのzicoの公式サイトもniftyなのですね!
スポーツ系はnifty強しだなぁ~

明日は、やっぱり国立ですか?(笑

Posted by: shu | November 02, 2004 at 03:45 PM

 明日は…
 仕事なんです。しかも、終了が16:30…
 最悪…

Posted by: pata | November 02, 2004 at 04:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1814260

Listed below are links to weblogs that reference 『監督ジーコ、語る』ジーコ、ぴあ:

« B級グルメ番外編「みっちゃん」 | Main | "Palookaville" Fatboy Slim »