« B級グルメ番外編「ねぎ焼やまもと」 | Main | B級グルメ番外編「みっちゃん」 »

October 29, 2004

『田宮模型をつくった人々』

『田宮模型をつくった人々』田宮俊作、文芸春秋

 名著『田宮模型の仕事』文春文庫の続編。

 まえがきで俊作社長は「前著を出版した後に、『どうして私を書いてくれなかったのか』といううれしいお叱りをたくさんいただいた」と書いているが、今回はマブチモーターなど有力取引先や初期の金型づくりでお世話になった人々、そしてタミヤファンなどやや「企業の論理」で紹介されているような感じをうけないでもない。

 とはいっても、この本、1/32という最新の大型ゼロ戦プラモデルづくりから話は始まるのだが、なんともいえない、うっとりするような丸いカウルの形状の再現に苦労するあたりから、いきなり読まされてしまう。そして、親交のあった「戦った僚機をひとりも死なせなかった」という名パイロット、坂井三郎さんとの思い出話はすごい。「機体にピンクやイエローのペンキで自分の撃墜マークを描く余裕のあったアメリカとは違って、新しい機体の補給がないから、整備された機でまた戦闘に向かう。こんなことの繰り返しだから、ベテランパイロットがそんなに長く生きられるわけありませんよ」(p.15)などの話は事実の重さがある。

 そして酸素の薄い上空でエンジンを燃やすために必要な酸素過給機までも軽量化のために省略されているいるようなゼロ戦では、いくら坂井氏のようなパイロットでも、上空8000メートルを堂々と飛行するB29には太刀打ちできず、俊作社長自らが経験するような絨毯爆撃を防ぐことはできなかった。そして、清水市の8割を焼き尽くした爆撃に使われたB29は「自分の目の黒いうちは自分が嫌だと思う飛行機の模型は絶対つくらない」(p.29)と宣言する。

 なるほど…だからタミヤにはB29の模型がラインナップされていないんだな、と。

 ドイツ製の製造機器に対する愛情、金型に対するこだわりは前著と同様、熱く語られている。そして昭和30年代はまだ毎月1日と15日だけが休みの「職人休み」だったことなども初めて知ったが、タミヤはやはり地方の中小企業だったということを、いい意味でも悪い意味でも再認識させてくれる(ほとんどイイ意味しかないが)。

 まあ、とにかく…ツインスター(タミヤのロゴ)よ、永遠なれ!

久々に恵比寿のミスター・クラフトでもいって、なんか買うかな…。
tamiya_mokei.jpg

|

« B級グルメ番外編「ねぎ焼やまもと」 | Main | B級グルメ番外編「みっちゃん」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

ああ,続編が出ていたんですね。探してみよう。前著は最初のハードカバー版の時に楽しく読んだ覚えがあります。僕は少年時代,残念ながらプラモとは縁が薄かったのですが,それでもこの手の文化の刷り込みはそれなりになされていたらしくて読んでいて思い当たることがいろいろありました。

Posted by: ALGOL | October 29, 2004 at 04:57 PM

ツインスターは世界に誇る企業だと思います。

『田宮模型の仕事』で、野村総研のリチャーグ・クーさんが「タミヤさん上場してくださいよ」と言ったら、俊作社長は「好きな模型をつくれなくなるからイヤだ」と断ったというエピソードがあったと思うんですが、そんな気骨もある。

ミニ四駆以来、大ヒットには恵まれてないようだけど、大企業病に陥らないで頑張ってもらいたいと、語らぬ感謝の気持ちでいつもいます。

Posted by: pata | October 29, 2004 at 08:11 PM

田宮キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

消防~厨房にかけて、ウォーターラインシリーズに骨の髄までずっぽりハマッてました。旧海軍専門ですた。
作ったなかで、田宮の手がけた船が一番いいんですよね。金型が違う。モールドとかが●島や長●川とは一味違うんすよね。やっぱり技術なんですかね。作ってるものが別次元なんですよ。

もちろん、1/48の航空機やMMもフツーに手を出してましたが、ウォーターラインは特に思い入れ多々あり。

Posted by: 7号 | October 29, 2004 at 10:02 PM

おお、7号さんは、リチャード・クーさんと同じだ

タミヤに子供の頃から触れられたということてせ、キッチリやるということの重要性を教えられたような気がします。

で、あたしゃ、やっぱりMMシリーズの東部戦線ですかねぇ。ドイツ、ソ連とも好きでした。

Posted by: pata | October 30, 2004 at 12:10 AM

MMシリーズも、M4シャーマンはしばらくリリースされなかったですよね。それもB29の経緯に近いのかなー。

田宮ホメたらキリないんですが、
・パッケージ最高(箱横の説明文も手抜き無し)
・組み立て解説書分かりやすい(作りやすさも考えてます)
・充実のタミヤカラー(何色買ったことか)
・金型技術は文句無く世界一(洋モノなんか手が出せません)


やばい、現物見たくなってきた。。。

Posted by: 7号 | October 30, 2004 at 11:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1803053

Listed below are links to weblogs that reference 『田宮模型をつくった人々』:

« B級グルメ番外編「ねぎ焼やまもと」 | Main | B級グルメ番外編「みっちゃん」 »