« 読んでる本 | Main | 東京B級グルメ#82「海風」 »

October 20, 2004

講談社現代新書の表紙二色化問題

 けっこうお世話になっているもの。アタシにとって、読書におけるそれは、講談社現代新書かもしれない。ちょいとわかんないことがあれば、チラ読み。ふと面白そうなものがあれば即買い。さすがに野間清治流の「わかりやすくてためになる」路線だと思う。

 そんな愛する講談社現代新書は、他の新書にないビジュアルインパクトがあった。いや、ビジュアルインパクトたらんとする意欲があった。他の新書が二色刷りなのに対し、講談社現代新書は4色のカバーで対抗していたのだ。

 しかし、今月の新刊から、無くなってから気が付くありがたさではないけれど、あの四色刷りのカバーは無残にも二色刷りになっていた。

 しかし、いい。許す。読めなくなるよりは100億倍ましだ。

 ということで、『私・今・そして神』永井均、『情報と国家 収集・分析・評価の落とし穴』江畑謙介の二冊をABC六本木で買ってきた。

 ベテランの店員さんとも話したのだが、復活以来、まだ苦戦しているのだという。すまぬが、ABCに少しでもカネを落としてやって欲しい。特に人文書関係。アタシごときがいう筋合いのもんじゃないのは百も承知だけど、たのんます。
kodansha.gif

|

« 読んでる本 | Main | 東京B級グルメ#82「海風」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

バモが足りなくて申し訳ありません。
横着してAmazonで買わないようにします。

現代新書の想定デザイン変更は、デザイン費用の削減が第一の目的なのでしょう。新書は動きの早さが身上なので、やむないかと。

Posted by: 7号 | October 20, 2004 at 03:01 PM

>現代新書の想定デザイン変更は、デザイン費用の削減が第一の目的なのでしょう。

そうか、デザイン費もあるんですよね…

>横着してAmazonで買わないようにします。

お願いします。某あおい書店にはビジネス書で、某TSUTAYAには美術書で苦戦しているそうです…

Posted by: pata | October 20, 2004 at 03:48 PM

× 想定デザイン変更
    ↓
○ 装丁デザイン変更

やっちゃいましたw

Posted by: 7号 | October 20, 2004 at 05:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1724860

Listed below are links to weblogs that reference 講談社現代新書の表紙二色化問題:

« 読んでる本 | Main | 東京B級グルメ#82「海風」 »