« 『私の田中角栄日記』佐藤昭子、新潮社 | Main | 『続・ウィーン愛憎』 »

October 25, 2004

東京B級グルメ#86「三州屋」

「三州屋 六本木店」 六本木6-1-10 3478-3796

 六本木で朝から酒を安心して飲ませてくれるところといったら、ここだ。最近ではやや少なくなったものの、朝も早よからビールやチューハイのジョッキをクイクイやっているオヤジさんたちが必ずいる。つか、六本木ではここら辺でしか見ないようなやや崩れのオヤジたち。そして昼のランチ時でもビール付の注文は当たり前。都はるみさんを相当太めにしたようなママさんを中心に、脇を固める大陸からの店員さんたちが、ややたるい感じで注文をさばいていく。

 実はこの「三州屋」、神田店が本店で銀座一丁目店、銀座二丁目店、日本橋店、神田店、六本木店、新橋店、飯田橋店などがある。しかし、チェーン店というわけでなく、独立経営でやっているらしい。三州屋ファミリーの特徴といえば「朝から飲ませる(つか飲んでるヤツがいる)。魚料理が豊富。肉豆腐がある。昼のランチは焼き魚や煮魚が中心。瓶ビールはなぜかサッポロのラガー。白木を生かした内装」というあたりだろうか。瓶ビールといえば、上野の末廣酒造もラガーだ。どちらも大好きな飲み屋だが何か共通する美意識があるのだろうか?

 さて、ランチだが、秋刀魚の季節には焼いた秋刀魚を頼むが、四季を通じて一番、オーダーするのは刺身定食かな。ハマチとか厚く切りすぎとか思うけど、なんとも得した気分。この日なんかはウニまで付いてきちゃった。昔は味噌汁が奢っていて、シジミのたっぷり入った味噌汁なんかをここでいただけば、たちまち酒毒は霧散するような気がしたもんだった。いまはフツーの味噌汁になってしまったのが、ちょっと寂しい。

 刺身定食に続くのは肉豆腐定食か。六本木店では卵が無料なので、パカッと割った卵につけながら食べれば栄養満点。

 激しく旨くはないかもしれないけど、これだけ長い間お世話になって喰っていると、もうこっちの方で馴染んでしまった感じ。つか、店をたたまないでずーっと同じ味を出してくれるというのは本当に有難い。いつも激しく美味しいものばかりを喰っていけるわけじゃないから、たまにはホッと馴染んだ味で満たされたい、という気分は絶対あるから。

 20人以上が対面で座れるカウンターは、スポーツ観戦の後の団体利用なども可。小あがりもイイ感じ。
sanshuya.jpg

|

« 『私の田中角栄日記』佐藤昭子、新潮社 | Main | 『続・ウィーン愛憎』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

え、ここって“朝から飲めちゃう”んですか!?

ちょっと前、あの方とサシで飲んだとき、使わせていただきました。

Posted by: 7号 | October 25, 2004 at 09:10 PM

そうです、まったく、ノー文句で飲ませてくれます!

Posted by: pata | October 26, 2004 at 01:41 AM

めちゃくちゃ美味そう・・・

Posted by: うおたろう | October 26, 2004 at 09:51 AM

うおたろうさん、九州の方にお奨めするには気がひけるんですが(だってメチャクチャ旨い魚食べなれてらっしゃるから…)、ここは、まあまあ許せると思いますので、機会があれば、ぜひ…。

つか、五島列島あたりに魚食いまくりツアーとか行きたいんですが、なにせ時間がとれませんで…年末年始とか行きたいんすけどねぇ…

何かおチエございませんか?

Posted by: pata | October 26, 2004 at 02:39 PM

六本木で朝から酒をグビィっとやっているおやじに会える店は貴重かも。新宿にはいっぱいいそうですが。
朝からお酒の誘惑、いいですね。ご飯、漬け物も美味しそう。

Posted by: 自由なランナー | October 27, 2004 at 07:58 AM

自由なランナーさん、どーも。

周りの店がほとんど変わっちゃっているのに、ここだけずっと経営できているということは、ニーズを的確にとらえているのかなwなんて思います。

朝からお酒っていうのは、浜松町、赤羽なんかにもありますが、みんなイイ感じなんですよね。

Posted by: pata | October 27, 2004 at 08:09 AM

五島列島は地元の人間でもちょっと行くの躊躇う場所ですからね
ちょっと行ってみるか!ってカンジの場所ではないですよね。

博多へ出張の際には、志賀島や能古島近くの店に行くと良いかもしれません。旅館等で出てくる魚は当たり外れはありますが
大衆店でもそこそこのモノが出てきます。
志賀島だと多分天神から1時間あれば着くと思いますので

本格的に食べたいのならば他にいい場所があるかもしれませんが
「仕事ついでにちょっと」というのであればお勧めです

Posted by: うおたろう | October 28, 2004 at 08:30 AM

なるほど、何も五島列島にこだわらなければ、志賀島や能古島っていう手もあるんですね。志賀島に金印でも探しにいきますか!

長崎出張ってあんまりないですしねぇ

Posted by: pata | October 28, 2004 at 01:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23829/1771243

Listed below are links to weblogs that reference 東京B級グルメ#86「三州屋」:

« 『私の田中角栄日記』佐藤昭子、新潮社 | Main | 『続・ウィーン愛憎』 »